旅系カップルユーチューバーの旅スタイルに「危険」「辛い目に遭うのは彼女」の声相次ぐ。釈明動画公開も「なんでネットの情報を鵜呑みに」と批判殺到

2022年6月から世界一周する旅系カップルYouTuberの「そたりお sotario」。メンバーであるそーたさんがTwitterで投稿した内容に、波紋が広がっています。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「そたりお sotario」より)

そーたさんとりおなさんからなる旅系カップルYouTuberの「そたりお sotario」が、炎上しています。きっかけはそーたさんが5月13日、6月3、4日に自身のTwitterに投稿した内容でした。


【関連投稿:「そたりお」カザフスタンでのヒッチハイクなどに心配の声】
 

2022年6月から世界一周を回る旅系YouTuberの2人

そーたさんはTwitterで5月13日、「ここ数日間のカザフスタンの旅の記録 ・移動はヒッチハイク ・宿は草原や廃墟でテント泊 ・荷物は20kg ・夜は火を焚き暖をとる」などとツイート。

このツイートを見た人から、「ヒッチも回数を重ねると危険な相手にも出会う確率が高まります。どうぞ懸命なご判断を」「カザフスタン、何度も行ってますが、親切なカザフ人キルギス人ばかりではないので気をつけて」「もしガチでやってたら命知らずすぎる」「突然ツィッターの更新が無くなる予感しかしません」など、治安が良いとはいえないカザフスタンでヒッチハイクをするというのは非常に危険だという声が多数寄せられました。

6月3日には、「バングラデシュ2日目にして友達がたくさんできました!!」と、そーたさん、りおさん、そのほか現地の人と思われる男性6人との写真を公開。道沿いの売店前で撮られた写真で、売店からスタッフが顔を出しています。一見、和やかな写真にも見えますが……。

「世界を回ったわたしが言います、夜だけは出歩かないで。彼女を連れて夜あるいちゃダメ」「もし何かあったとき彼女さん守れるん?」「世界では性善説は通用しませんよ」「治安がいいところならまだしも、バングラデシュは危険な方に位置してる」「何かあってからではダメ」など、「辛い目に遭うのは彼女だ」と、夜間にりおなさんを連れて出歩く危険性を指摘する声が相次ぎました。
 

2人を案じる声に“あおり”で返す

4日、そーたさんは「日本でヒッチハイクしていた時に、知らないおばちゃんから『こんなところでヒッチハイクなんてしても捕まらないよ!アホか!』と言われたことがある。その数分後優しいおじさんに乗せてもらった。批判してくる人はいつも”やったことがない”人」と、あおりとも取れるツイートをしたことで、炎上に発展。

「楽しく旅行できてるなら別に良いんじゃないかなぁ?」「とにかく安全第一で平穏無事に帰って来れることを願います」と温かいコメントも上がった一方、日本でのヒッチハイク経験を引き合いに出したことで「日本と海外は違う。全然違う」「なんかロシアンルーレットしてるのを外野で見てる感じ」「キツい書込みも多いけど間違ってないし安易な行動は控えた方がいい」「心配してくれてる人も大勢いるのにそれを煽るかのようなツイートをするのもなかなか心が荒んでる」と、忠告を受け入れているように思えないそーたさんに批判の声が上がりました。

さらに5日、炎上案件などのまとめ投稿をTwitterで発信する滝沢ガレソさんもこの件を取り上げると、「海外の治安は絶対舐めたらダメ」「次この人たちを見るのはニュースになりそう」「事が起こってからでは遅い」など、大きな反響を呼びました。
 

謝罪動画を公開も……

同日、そーたさんが1人でYouTubeの動画に登場。「Twitterで炎上している件について」と話し、カザフスタンのヒッチハイクツイートには誹謗(ひぼう)中傷の嵐だったため、4日に「批判してくる人はいつも”やったことがない”人」というあおりツイートをしたと釈明。続けて、2人を心配する声については「真摯(しんし)に受け止めきれず申し訳ありませんでした」「素直に受け止めるべきだった」と謝罪しました。

また、危機管理能力が欠けているという指摘が多い点について、「ヒッチハイク旅以前に海外旅を1年以上している」と同時に、それに伴うリスクは本人が1番理解していると話し、ヒッチハイクをする前には「Hitchwiki」で事前調査をし、訪問国の治安についても入念に調べているため、「全く危機感なく試しているわけではない」と主張。さらに、バングラデシュでの写真は、知らない人ではなく無料国際ホスピタリティ・コミュニティ「CouchSurfing(カウチサーフィン)」を通じて知り合った人たちだと説明しました。

コメント欄には「もう少し言われたことを深刻に受け止めた方がいい」「お二人の夢・目標を応援」「彼女を大切にしてあげて」「そたりおの2人がこんなに頑固な面を今回の炎上で初めて知った」「そもそも旅をして、実際には違うって体験してるのに、なんでネットの情報を鵜呑みにしてそれで大丈夫って判断してるんだろう?」など、さまざまな意見が寄せられています。

中には、「パートナーがバングラディシュ人です。話題になっていたので動画を一緒に見ました。『信じられない』『日本育ちの安全感覚で行ってはダメ』とのことでした。向こうの家族にも教えたみたいで『(あなたたちの)両親は何をしているんだ? こんなことさせて危険すぎる』と返ってきていました」というリアルな声も上がりました。
 

「そたりお sotario」とは

「そたりお sotario」は2022年6月から世界一周を旅する20代のカップルYouTuber。大学卒業後にリゾートで1年間アルバイトをしてためた300万円を旅費にして、これまでタイ、ケニア、エジプトなど現在は約30カ国を巡っています。
 


【おすすめ記事】
「今日から夫婦」サニージャーニー、膵臓がんで闘病中のみずき&こうへいが入籍報告! ウエディングドレス姿も公開
コレコレ、サニージャーニー・みずきの詐病疑惑を払拭。診断書、診療明細書などで確認「僕の言葉を信じるのであれば、詐病ではない」
札幌市・森でヒグマに遭遇した天災系YouTuberの動画と、マネージャーのツイートに物議「然るべき対応するのは貴方達では?」「納得のいく説明を」
キンコン西野、オリラジ・中田の松本提言に「ここは一般社会ではなくて、エンタメ1丁目1番地」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望