『ペンディングトレイン』第6話 “直哉”山田裕貴、抱き締めると思いきや!? の胸きゅんシーンに反響

5月26日に放送されたドラマ『ペンディングトレイン』(TBS系)第6話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『ペンディングトレイン』公式サイト)。

山田裕貴さん、赤楚衛二さん、上白石萌歌さんが共演するドラマ『ペンディングトレイン』(TBS系)。5月26日放送の第6話では、未来に飛ばされた2つの車両の乗客同士で争いが勃発。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

ペンディングトレイン
画像出典:TBS系『ペンディングトレイン』公式サイト

 

第6話のあらすじ

畑野紗枝(上白石萌歌)と渡部玲奈(古川琴音)は山中に金髪の死体が埋められているのを発見。そこへ6号車の乗客・矢島(鈴之助)らが現れ2人を襲撃。玲奈は5号車に戻り状況を伝え、紗枝は矢島らから逃げ続けて行方不明に。
 

紗枝を探して6号車へたどり着いた萱島直哉(山田裕貴)と白浜優斗(赤楚衛二)は、車内が血痕で染まっているのを発見。6号車のリーダー格・山本(萩原聖人)を問い詰めると、タイムワープ当日にナイフを持った男が暴れ、揉み合ったはずみで山本が男を刺し殺していたことが分かります。
 

直哉と優斗が5号車に戻ると、5号車の乗客たちは戦闘モードに突入。やられる前に殴り込もうとあおる玲奈に賛同する者も多い中、「こういう時こそ冷静に」と優斗。先に紗枝を見つけ出そうと決めたものの一向に見つからず。一方、廃船に逃げ込んでいた紗枝は、山本が毎日SOSを出しているという無線が壊れていることを発見。問い詰められた山本は身の上を語り出します。
 

自身が経営する会社が破綻し、もう一度こっちでやり直せるならと考えていた山本。船で見つけた乗組員の日記から得た情報をうまく使い、自分のポジションを上げるため皆に嘘をついていたのです。事実を知ってしまった紗枝は、山本により船に監禁されてしまいます。
 

6号車の乗客に対し不信感を募らせる5号車の面々は、武器を作りわなを張って警備を強化。一方、矢島らが襲撃に向かったと知った6号車の乗客たちは覚悟を決めて5号車を総攻撃。2つの車両の乗客らがぶつかり合い、全面戦争の様相へ。人々が武器を手に争い合う悲惨な状況を打破したのは、専門学校生・米澤大地(藤原丈一郎)による涙の訴えでした。さらに監禁から自ら逃げ出した紗枝が山本の悪事を暴き、両車両の争いは決着を見せます。
 

迷惑をかけて申し訳ないと頭を下げる紗枝に対し、直哉は靴ひもを結んでやると「よく頑張った」と声をかけます。張っていた気が抜けたように泣きだす紗枝。そんな紗枝の様子を見ながら「畑野さんはすごい」と言う優斗に、直哉は「分かってないなぁ。あいつが頑張れる理由はお前だよ。気づいてやれよ」と話すのでした。

 

ペンディングトレイン
画像出典:TBS系『ペンディングトレイン』公式サイト

 

直哉、帰って来た紗枝を抱き締めると思いきや……

Twitterでは紗枝への思いがダダ漏れ状態の直哉が話題に。「山田裕貴の『よく頑張った』『気づいてやれよ』に震えた」「直哉が気持ちを素直に出せるようになっていく様が可愛すぎて心から応援したくなってる」「ぎゅって抱きしめたいの堪えて靴紐結び直して足をぎゅっとした直哉さん本当いい人すぎる」「抱きしめる!?と思いきや、からの、きゅん案件」「頭ポンポンじゃなくて肩ポンポンなのも、きゅんです」などのコメントが寄せられています。
 

物語も終盤に差し掛かる中、元の世界では物理学教授の蓮見涼平(間宮祥太朗)が車両が消失した原因究明に着手。さらに、未来では寺崎佳代子(松雪泰子)と駅員の小森創(村田秀亮)が高層ビルの近くを探索しに行く途中で空に瞬くオーロラを目撃するシーンも描かれました。
 

第7話では、治安が悪化した6号車から5号車への移住希望者が現れはじめる中、山本から入手した2026年の航海日誌と佳代子が持ち帰って来た光る石をヒントに元に戻る方法を思案する優斗たち。しかし、元の時代に戻れると信じていない直哉は6号車に移住すると言い出して――。直哉の真意とはいったい? そしてタイムワープした乗客たちは、このままここで生きていくのか、それとも無事元の世界に戻るのか。今後の展開から目が離せません。

 

『ペンディングトレイン』第7話 6月2日放送予告

 

『ペンディングトレイン』あらすじ&見どころバックナンバー

『ペンディングトレイン』第5話 “直哉”山田裕貴ついに恋を自覚し動き出す三角関係! 松雪泰子「恋~!」が話題に
『ペンディングトレイン』第4話 山田裕貴×赤楚衛二の感動シーン直後、新キャスト登場で不穏な空気に⁉
『ペンディングトレイン』第3話 山田裕貴の独白シーンに称賛殺到! 「胸にくる」「演技の真骨頂」の声
『ペンディングトレイン』第2話 反発する山田裕貴×赤楚衛二、未発達のバディ感に「今後が楽しみ」の声
『ペンディングトレイン』第1話 「つくばエクスプレス」も全面協力&圧倒的スケールでトレンド1位 『漂流教室』懐かしむ声も

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない