すてきに成長したと思う「歴代子役」ランキング! 1位は「芦田愛菜」、2位は?

All About編集部が実施したアンケート調査の結果から「すてきに成長した歴代子役」ランキングを発表! 回答者からのコメントと併せて紹介します。(サムネイル画像出典:映画『メタモルフォーゼの縁側』公式Instagramより)

『マル・マル・モリ・モリ!』の歌とダンスが流行してから、早くも10年以上が経過。当時子役として活躍していた人も、大人の俳優へと成長しています。
 

All About編集部は、全国10~80代の450人を対象に「歴代子役」に関するアンケート調査を実施しました(調査期間:4月13日~5月8日)。その結果から、本記事では「すてきに成長した歴代子役」ランキングを発表! 回答者からのコメントと併せて紹介します。
 

>15位までの全ランキング結果を見る
 

2位:神木隆之介

2位にランクインしたのは、神木隆之介さん。
 

2歳から芸能活動を開始し、5歳の時に『グッドニュース』(TBS系)でドラマデビュー。初主演映画『妖怪大戦争』では日本アカデミー賞 新人俳優賞に輝くなど、幼い頃から役者の才能を発揮し人気を集めます。
 

その後も映画『桐島、部活やめるってよ』や『SPEC』シリーズ(ドラマ/劇場版)、映画『るろうに剣心』シリーズなど数々の実写作品に出演。またアニメ映画で声優を務めることも多く、8歳で出演した『千と千尋の神隠し』に始まり、『ハウルの動く城』『サマーウォーズ』『君の名は。』などの話題作にも出演してきました。
 

2023年5月19日に30歳の誕生日を迎えた神木さん。主演を務めるNHK連続テレビ小説『らんまん』が4月から放送中のほか、6月23日には主演映画『大名倒産』が公開予定と、節目の年も大活躍となりそうです。
 

神木さんを選んだ人からは「子役時代から観ていますが、ドラマ、舞台、声優とマルチに活躍されていて顔も可愛いまま成長している数少ない子役からの俳優さんだと思います(40代女性/熊本県)」「好青年といった感じで、素敵に成長したなと思います(30代女性/群馬県)」「Drコトーに出ていた少年が、現在の朝ドラ主人公になっていると思うと感慨深いことだと思います(40代男性/千葉県)」「アニメの声優、youtuberとのコラボから真面目な俳優業まで仕事の幅が広いし、バラエティー番組でも人柄の良さが感じられるので(40代女性/神奈川県)」などの声が上がりました。
 

1位:芦田愛菜

1位に選ばれたのは、芦田愛菜さんでした。
 

3歳から芸能活動を開始し、5歳の時にドラマ『Mother』(日本テレビ系)に、6歳の時にはドラマ『さよならぼくたちのようちえん』(日本テレビ系)、『マルモのおきて』(フジテレビ系)に出演。視聴者の涙を誘う演技が評判を呼び、たちまち人気子役となりました。『マルモのおきて』のエンディングでは主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』で共演の鈴木福さんと一緒にかわいらしい歌とダンスを披露。「薫と友樹、たまにムック。」のユニット名でCDデビューも果たしています。
 

一時は芸能活動をセーブし学業に励んでいたようですが、その間もアニメ映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の声優やNHK連続テレビ小説『まんぷく』の語りなどを担当。2020年には『星の子』で6年ぶりに実写映画の主演を務めました。
 

18歳となった現在は、司会を務めるバラエティ番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)のほか、多くのテレビCMに出演中。2023年7月からはドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系)に出演することが発表されており、芦田さんがどのような表情を見せてくれるのか、早くも注目度が高まっています。
 

芦田さんを選んだ人からは「言葉遣いとか、容姿とかとっても大人っぽくなってるから(10代女性/広島県)」「子供の頃から可愛かったですが、今もとっても綺麗でCMで見ない日は無いという印象があるのですてきに成長したなと思います(30代男性/神奈川県)」「頭もよく礼儀正しいけどたまにおちゃめな所もあってとても素敵な女の子に成長したなと思います(50代女性/大阪府)」「知性があるから。演技も番組の司会もとても上手いから(30代女性/愛知県)」などの声が上がりました。
 

※回答者からのコメントは原文ママです
 

>15位までの全ランキング結果を見る
 

【おすすめ記事】
「伝説だと思う歴代子役」ランキング! 2位「安達祐実」、1位は?
「好きな歴代子役」ランキング! 2位「神木隆之介」、1位は?
「ずっと成長を見届けたい歴代子役」ランキング! 2位「鈴木福」、1位は?
演技が上手だったと思う「歴代子役」ランキング! 2位「安達祐実」、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」