「除湿剤がここまでコンパクトに!? しかもかわいい……」家事のプロが感激した梅雨のマストアイテム

梅雨時期に気になるクローゼットやシューズボックスの湿気。そこで活躍するのが除湿剤ですが、従来の除湿剤は場所を取るのが難点でした。それを解決してくれたのが、白元アースから発売されている除湿剤「NECO」。今回はその素晴らしさをご紹介します。

湿度が高い時期になると気になるのが、クローゼットやシューズボックスの湿気ですよね。除湿剤をたくさん買って並べている人も多いのではないでしょうか。

しかし従来の除湿剤は、大きなプラスチックケースに入っていて、使用中はもちろん、買い置き時も場所を取り、捨てる際もゴミの容量が増えてしまうという問題がありました。

そんな“困った”を解決してくれるのが、白元アースから発売されている除湿剤「ドライ&ドライUP NECO(ねこ)」です。
 

白元アースの除湿剤「NECO」はこんなにコンパクト

1リットル分の除湿剤比較
1リットル分の除湿剤(左は他メーカー、右が白元アースNECO)
 
白元アースの除湿剤「NECO」の内容量は、1個当たり1リットル(1000ミリリットル)ですが、他メーカーの1リットル分の除湿剤と比較しても、とてもコンパクトになっています。これなら買い置き時も場所を取らず、邪魔になりません。

うれしい点は、それだけではありません。白元アースの従来品と比較して、プラスチック使用量が約80%も削減された、省ゴミ設計のエコな除湿剤なのです。
 

白元アースの除湿剤「NECO」の組み立て方

白元アースの除湿剤NECO(ねこ)
NECOは紙のパッケージに入っている

白元アースの除湿剤「NECO」は、紙のパッケージに入っています。箱を開くと、猫のイラストが「はがしてにゃ」と言っているシートが付いた本体が出てきます。このシートを剥がして使います。
 
ねこ シートを剥がす
「はがしてにゃ」と書かれたシートを剥がす

除湿剤となる塩化カルシウムが入っているパッケージは、使用前は畳まれている状態で、水を吸湿すると膨らんでくる仕様です。
本体は畳まれている
水を含むと膨らんでくる
 
外箱の短辺は内側に折り込み、長辺は折り目で内側に折ってふたにします。
 
組み立てる
簡単に組み立てられる
 
上部を差し込むようにするとふたになります。 
 
蓋が完成
上部を差し込む
 
白元アースの除湿剤「NECO」の完成です。
 
白元アースの除湿剤NECO(ねこ)組立完成
組み立てて完成
 

使用中もコンパクトな白元アースの除湿剤「NECO」

白元アースの除湿剤「NECO」は、紙のパッケージに描かれた猫がかわいらしい。また、シンプルなデザインで、クローゼットの中に置いていても邪魔にならないのが魅力です。
白元アースの除湿剤NECO(ねこ)使用中
かわいらしい猫のイラストにほっこり

水を含んでくると本体が膨らんできます。取り替えの目安は丸いのぞき穴。円のところまで中の液がたまってきたら取り替え時です。
 
取り替え目安ののぞき穴
円の部分まで液がたまったら取り替える
 
捨てるときは、紙の部分に小さな穴を開けて水を捨てることが可能。残った本体は小さく折り畳むとコンパクトになり、ゴミに出すことができます。
 
水を捨てられる
穴を開けて水を捨てられる

白元アースの除湿剤「NECO」は1000ミリリットルサイズ・2個セットで450円前後で発売されている店が多いようです。

ネオでエコな白元アースの除湿剤「NECO」を、2023年の梅雨時期の除湿アイテムにいかがですか?


【おすすめ記事】
「早くから使っておくべきだった」家事のプロが絶賛! 排水口掃除が劇的にラクになる便利グッズ
家事のプロが“7個”も買った、使い勝手良すぎるキッチングッズ
食費が減る、家事の時短がかなう! 家事のプロが「セカンド冷凍庫」を推すこれだけの理由
時短&節約の名品! 家事のプロがバケツの代わりに使っている便利な洗濯グッズ
【ダイソー】どう使う? たった7センチのフックが、外出先で驚くほど活躍!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴