「30歳で年収510万円」IT業界女性のリアルな給与明細を公開! 貯金額はいくら?

All About編集部が実施したアンケート調査から、30代女性のリアルな給与や貯蓄額を紹介します。

「30歳で年収510万円」IT業界女性のリアルな給与明細を公開

あの業界、職種の人はどのくらいの給与をもらっているのでしょうか。All About編集部が実施したアンケート調査から、30代女性のリアルなお金事情を紹介します。
 

回答者のプロフィール

今回答えてくれたのは、東京都在住の30歳女性。家族構成は既婚で子どもなし。都内IT企業の人事部で正社員として働いているそうです。
 

業務内容は「中途採用担当者としてエンジニア経験者の採用企画や実施、エンジニア未経験者の採用企画、実施、面接などに加え、人事企画などを担当。具体的には採用戦略の立案から求人票の作成、紹介会社への依頼、媒体への掲載、応募者とのやりとり、書類選考、面接、採用条件の決定、雇用契約書の説明、内定者オンボーディングなどを行っています」とのことです。
 

年収510万円。IT業界勤務、30歳女性のリアルな給与明細

IT業界勤務、30歳女性のリアルな給与明細

現在の年収は510万円。給与の内訳を聞いたところ、基本給が約27万2000円、残業代が約11万5000円、その他手当が3万3000円で支給額の合計は約42万円。控除額は健康保険料や厚生年金保険料、雇用保険料などの社会保険料と所得税、住民税などを合わせて約9万円なので、手取りの給与は月に約33万円でした。
 

女性は現在の給与に「満足している」そうです。
 

「働きに見合った分以上の給与をもらえていると思っています。また、成果に関して上長から評価を受けており、今後の伸び代や課題に対してどう行動したら良いかを示してもらっているので満足しています。外資や、利益率の高い会社にいたらもう少し高い年収なども見込めるかもしれませんが、今の職場を気に入っており、社員一丸となって売り上げを追い求める姿勢などが楽しくもあります」と話していました。
 

不満な点をあえて挙げるとすれば「マネジメント業務の比率が高まってきている中、自分だけでは達成できない完成度の仕事や量を進めることができる一方で、メンバーの選定にかかわれないため、未経験者やマネジメントコストの高い社員が部下にいると自分でやった方が確実で早く、ストレスも少ないのに、と思ってしまうことがたまにあります」とのことでした。
 

>次ページ:貯金額は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」