「静岡県出身」の好きな芸能人ランキング! 3位「広瀬すず」、2位「広瀬アリス」、1位は?

All About編集部は4月10~24日、全国10~70代の352人を対象に「静岡県出身の有名人」に関するアンケート調査を実施。「静岡県出身」の好きな芸能人ランキングで1位に選ばれたのは?(画像出典:映画『七人の秘書 THE MOVIE』公式Instagram)

All About編集部は4月10~24日、全国10~70代の352人を対象に「静岡県出身の有名人」に関するアンケート調査を実施しました。今回はその中から「静岡県出身」の好きな芸能人ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

3位:広瀬すず

3位は、広瀬すずさんです。静岡県静岡市清水区出身の広瀬さんは、ファッション誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルとして大活躍。その後、俳優デビューすると映画『海街diary』や『ちはやふる』シリーズなど、話題作に出演します。
 

日本アカデミー賞では、『ちはやふる 上の句』(2017年)、『一度死んでみた』(2021年)、『流浪の月』(2023年)で優秀主演女優賞などを受賞するなど、日本を代表する俳優に成長。2023年公開の『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』では舞台あいさつで静岡県を訪れ、大歓迎を受けました。現在は、映画『水は海に向かって流れる』『キリエのうた』『片思い世界』など、多くの作品の公開が控えています。


回答者からは、「活躍している姿をよくメディアで見ることが多いから」(40代女性・群馬県)、「この世代で一番の演技力を持っているから」(40代男性・群馬県)、「群を抜いてめちゃくちゃに可愛いから」(60代男性・埼玉県)、「お芝居が好きです」(40代女性・神奈川県)などの意見が寄せられました。
 

2位:広瀬アリス

2位は、広瀬アリスさんです。広瀬すずさんの姉で、姉妹そろってファッション誌『Seventeen』(集英社)のモデルとして大活躍。ファッション誌『with』(講談社)のモデルなども務め、俳優デビューも果たします。
 

これまで映画『L-エル-』『巫女っちゃけん。』や、『七人の秘書』シリーズ(テレビ朝日系)、NHK連続テレビ小説『わろてんか』、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)『知ってるワイフ』(同)など多くの作品に出演。現在は、地元・静岡県に由縁のあるNHK大河ドラマ『どうする家康』に於愛の方(おあいのかた)役で出演中です。

回答者からは、「広瀬姉妹は、とてもかわいく好感が持てます」(30代女性・東京都)、「演技がうまくて出演作が面白い」(50代女性・東京都)、「アリスさんはR-1グランプリのアシスタントのイメージで、笑顔が素晴らしい」(50代男性・神奈川県)、「元気と愛嬌を持った好感の持てる女優さん」(60代男性・東京都)などの意見が寄せられました。
 

1位:長澤まさみ

1位は、長澤まさみさんです。静岡県磐田市出身の長澤さんは、父親の長澤和明さんが元サッカー日本代表でジュビロ磐田(ヤマハ発動機サッカー部)の監督を務めたことで有名。そんな長澤さんは、「東宝シンデレラ」オーディションにて史上最年少12歳(当時)でグランプリに選ばれ、俳優やモデルとして活躍します。
 

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で注目を集めると、「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞など数多くの賞を獲得。その後は多くの映画やドラマで主演を務め、『コンフィデンスマンJP』シリーズ(フジテレビ系)は映画化もされた代表作の1つです。「第60回ギャラクシー賞」では、『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ/フジテレビ系)の演技や、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のナレーションが評価され個人賞に輝きました。

回答者からは、「清潔感、親近感がある」(30代男性・大阪府)、「可愛いしスタイルいいし演技も上手いから」(30代男性・北海道)、「美人だし映像以外にミュージカルも良かった」(40代女性・大阪府)、「キレイだし、同じ磐田市出身だから」(30代女性・愛知県)などの意見が寄せられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
実は「静岡県出身」と聞いて驚いた芸能人ランキング! 3位「長澤まさみ」、2位「広瀬アリス」、1位は?
地元愛を感じる「静岡県出身」の有名人ランキング! 2位「広瀬すず」、1位は?
「山梨県出身」の好きな有名人ランキング! 3位「三浦友和」、2位「田原俊彦」、1位は?
実は「山梨県出身」と聞いて驚いた有名人ランキング! 3位「中田英寿」、2位「田原俊彦」、1位は?

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴