劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』の舞台、横浜・みなとみらいでコラボイベント【現地レポ】

劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が4月28日から公開。映画の公開に合わせて、舞台となる横浜・みなとみらいではコラボレーションイベント「みなとみらいミッション~劇場版の舞台へ出動せよ!」を開催しています。10のミッションのいくつかを巡ってみました。

横浜ブルク13入口付近の衣装・パネル展示
横浜ブルク13入口付近の衣装・パネル展示

劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が2023年4月28日から公開。横浜ランドマークタワーで爆発事故が発生するという衝撃のストーリーが展開します。


映画の公開に合わせて、舞台となる横浜・みなとみらいではコラボレーションイベント「みなとみらいミッション~劇場版の舞台へ出動せよ!」を開催しています。10のミッションのいくつかを巡ってみたのでリポートします(画像は全て筆者撮影)。

 

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』について

『TOKYO MER~走る緊急救命室~』はTBS系で2021年7月期の日曜劇場枠で放送された、鈴木亮平さん主演の本格救命医療ドラマです。MERはMOBILE EMERGENCY ROOMの略。TOKYO MERは、オペ室を搭載した大型車両(ERカー)で事故や災害現場に駆けつける、東京都知事直轄の救命医療チームのことです。新たな形の救命医療ドラマとして多くの感動を生みました。


その『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が劇場版として4月28日に公開。劇場版では、横浜・みなとみらいを舞台にTOKYO MERメンバーや、新設されたライバル組織YOKOHAMA MERの活躍が描かれています。横浜のシンボルである横浜ランドマークタワーや横浜赤レンガ倉庫など実際の建物を使用し、撮影が行われました。


>次ページ:コラボレーションイベントの内容は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応