次に日本でリメイクしてほしい韓国ドラマランキング! 『トッケビ』『賢い医師生活』を抑えた1位は?

「次に日本でリメイクしてほしい韓国ドラマ」に関する調査結果をランキングで発表! 同率2位には『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』『賢い医師生活』がランクイン。1位に選ばれたのは?

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』
画像出典:プレスリリース
(c)STUDIO DRAGON CORPORATION

K-POPや韓国芸能ニュースを配信するDanmee(ダンミ)は「日本でリメイクしてほしい韓国ドラマ」をテーマにしたアンケート調査を実施。同調査は2023年3月10~17日、K-POPや韓国ドラマが好きな男女217人(※1人につき3作品まで選択可)を対象にインターネット上で行われました。

2022年には『梨泰院クラス(JTBC)』のリメイク版として『六本木クラス』(テレビ朝日系)が日本で放送され、回を重ねるごとに大きな話題となりました。今回の調査で候補となった12作品から、1位に輝いたのはどのドラマでしょうか。

>12位までの全ランキング結果を見る
 

第2位(同率)『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』


同率2位にランクインしたのは『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』でした。主演は、韓国のエンターテインメント界をけん引するトップ俳優のコン・ユとキム・ゴウン。さらにイ・ドンウクやユ・インナ、BTOB(ビートゥービー)のユク・ソンジェら豪華俳優陣が出演しています。

ストーリーは、神秘的なファンタジーロマンス。現実離れした設定を超越する、こだわりの詰まった映像美も注目ポイントです。コン・ユとイ・ドンウクの男同士の熱い友情も、ドラマを盛り上げてくれます。

初回放送からチャンネル歴代視聴率を更新したという人気作品。韓国ドラマファンのリメイク待望作品といえるでしょう。
 

第2位(同率)『賢い医師生活』


同率2位となったもう1つの作品は『賢い医師生活』 シリーズ。2021年にはシーズン2が放送されるなど、韓国国内でも評判の高い人気作品です。メインの登場人物は、1999年に同じ大学の医学部へ入学した5人の男女。主演を務めるチョ・ジョンソクやユ・ヨンソク、チョン・ミド、チョン・ギョンホ、キム・デミョンの人間関係も見どころの1つです。

病院内で起こる日常を、ユーモラスかつシリアスに、そしてドラマティックに描き、毎話ごとに「泣ける!」と話題になった作品。同期5人の強い絆が感じられる、彼らのバンド演奏シーンや劇中のOST(オリジナルサウンドトラック)も大きな話題となりました。

各キャラクターの心情や、人間模様を繊細に描いており、全キャラクターに愛着を持ってしまうファンも続出した作品。日本でのリメイクにも期待です。
 

第1位『キム秘書はいったい、なぜ?』


栄えある第1位に輝いたのは、2018年に韓国で放送された『キム秘書はいったい、なぜ?』でした。人気俳優パク・ソジュンとパク・ミニョンが“夢の共演”を果たし、2人の甘い恋愛模様が注目の的となりました。

中でも「副会長と秘書」という関係から、じれったいながら距離を縮めていく恋愛初心者の2人の姿は多くの視聴者を虜(とりこ)にしました。劇中のキスシーンは「歴代韓国ドラマきっての名シーン」と語り継がれているようです。

ファンの間では「日本でリメイクされるとなったら配役は……?」と大盛り上がりだとか。ぜひその想像が現実になってほしいものですね!


>12位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
Netflix独占配信「韓国ドラマ」出演の好きな男性俳優ランキング! 2位「ヒョンビン」を抑えた1位は?
ヒロインが好きな韓国ドラマランキング! 2位『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ミニョン、1位は?
主演俳優が好きな韓国ドラマランキング! 『梨秦院クラス』のパク・ソジュンを抑えた1位は?
Netflix独占配信「韓国ドラマ」出演の好きな女性俳優ランキング! 2位「パク・シネ」を抑えた1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性