「テレビ朝日の好きなアナウンサー」ランキング! 3位「斎藤ちはる」アナ、2位「弘中綾香」アナ、1位は?

All About編集部は2月6日~3月25日、全国10~60代の397人を対象にテレビ朝日のアナウンサーに関するアンケート調査を実施。「テレビ朝日の好きなアナウンサー」ランキングで1位に選ばれたのは?

かつて教育専門のテレビ局だったテレビ朝日。そのため多くの人気子ども向け番組が放送されてきました。また、情報&ワイドショー系に力を入れており、『報道ステーション』などが人気のキー局でもあります。近年では視聴率争いで民放トップとなるなど、好調が続いています。
 

All About編集部は2月6日~3月25日、全国10~60代の397人を対象にテレビ朝日のアナウンサーに関するアンケート調査を実施。今回はその中から、「テレビ朝日の好きなアナウンサー」ランキングを紹介します。
 

>10位までの全ランキング結果を見る

 

3位:斎藤ちはる

3位にはアイドルグループ・乃木坂46の元メンバーだった、斎藤ちはるさんがランクイン。幼少期に人気キッズモデルとして活躍し、中学生の時に乃木坂46のオーディションに応募、第1期メンバーの1人に選出されました。2018年に同グループを卒業後、テレビ朝日にアナウンサーとして入社します。入社後は『羽鳥慎一モーニングショー』で2代目アシスタントを務め、現在は『グッド!モーニング』の総合司会や『ANNニュース』のキャスターなどを担当。高感度の高い女性アナウンサーとして活躍の場を広げています。
 

「私は、乃木坂46のファンで、斎藤ちはるさんは、元乃木坂46のメンバーなので」(福岡県、40代男性)、「司会進行が上手。アナウンサーの仕事を理解し、しっかりこなしているという印象」(青森県、30代女性)、「乃木坂46時代からよく知っていますが、性格がとても良く明るい女性で好印象が持てます。歌やダンスが出来るのも強みです」(広島県、50代男性)などの回答理由が聞かれました。

 

2位:弘中綾香


2位に選ばれたのは、バラエティ番組などでもざっくばらんなキャラクターが人気の、弘中綾香さんでした。かわいらしいルックスとは裏腹に、ストレートな発言で同性からも支持される弘中さん。2013年にテレビ朝日に入社後、音楽番組『ミュージックステーション』のサブ司会として5年間活躍。バラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』では田中みな実さんと共演、2人の歯切れの良い会話が好評です。さらには2019年、AbemaTV『ひろなかラジオ』でラジオ配信の夢をかなえ、2021年にはフォトエッセイ集や写真集を出版するなど、アナウンサー以外のフィールドでも大活躍。2022年、一般男性と結婚しています。
 

回答では「可愛いしトークセンスもあるから」(埼玉県、30代女性)、「Mステでよく見ていた人だから」(青森県、30代女性)、「見た目が華やかで綺麗だからです。『あざとくて何が悪いの?』では飾らないありのままのトークをしており好感が持てます」(埼玉県、20代女性)などの声が寄せられました。

 

1位:大下容子

そして1位に選ばれたのは、冠番組『大下容子 ワイド!スクランブル』で知られる、大下容子さんでした。実家は広島県で医院を経営するお嬢様。1998年、『ワイド!スクランブル』の女性メインキャスターに就任。その後メインキャスターへと昇格し、番組名にも大下さんの名前が入りました。現在、テレビ朝日における最年長の女性アナウンサーとして活躍中。役職も役員待遇のエグゼクティブアナウンサーとなっています。また、2021年には初のエッセイ集『たたかわない生き方』(CCCメディアハウス)をリリースし、多くの女性から共感を得ています。
 

回答理由に「雰囲気がよく、真面目そうで話が聞きやすいから」(福岡県、30代男性)、「お昼のワイドスクランブルを見ていてとても安定したアナウンスをされるから」(静岡県、40代女性)、「話し方も雰囲気も落ち着いていて、周りの方に気遣いながら番組を進めているから」(神奈川県、40代女性)などの意見が挙げられました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
テレビ朝日の「好きな女性アナウンサー」ランキング! 3位「斎藤ちはる」アナ、2位「弘中綾香」アナ、1位は?
テレビ朝日の「好きな男性アナウンサー」ランキング! 2位「清水俊輔」アナ、1位は?
フリーになっても活躍できそうな「テレビ朝日のアナウンサー」ランキング! 2位「大下容子」アナ、1位は?
「声が好きなテレビ朝日のアナウンサー」ランキング! 3位「下平さやか」アナ、2位「弘中綾香」アナ、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」