大谷翔平、フレッチャー&WBC上位打線トリオとの写真公開! 「たまんないね」「世界一取ってきてください」

野球日本代表(侍ジャパン)でロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手は3月17日、自身のInstagramを更新。エンゼルスで同僚のデビッド・フレッチャー選手とのツーショットなどを公開しました。コメントでは「全試合最高でした」と、称賛の声が多数上がっています。

野球日本代表(侍ジャパン)でロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手は3月17日、自身のInstagramを更新。エンゼルスで同僚のデビッド・フレッチャー選手とのツーショットなどを公開しました。
 

「夢のような数日間でした」


大谷選手は「Great seeing you in Japan my friend. On to Miami!!(日本で会えてうれしいよ、友よ。マイアミへ!!)」とつづり、写真2枚を公開しました。16日、東京ドームで行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準々決勝のイタリア戦で、3番・投手として先発登板した大谷選手はイタリアチームの9番・サードで出場したフレッチャー選手と対戦。第1打席はサードゴロ、第2打席はライト前ヒットという結果に終わっていました。1枚目の写真は試合後に撮影したもので、2人が健闘をたたえ合うすてきなショットとなっています。

2枚目は準決勝が行われるアメリカ・マイアミへと飛び立つチャーター機の前で、侍ジャパンメンバーのラーズ・ヌートバー選手(セントルイス・カージナルス)、近藤健介選手(福岡ソフトバンクホークス)と共に大谷選手が肩を寄せ合い笑顔を見せる姿です。この3人はこれまでのWBCでの全試合を通じて上位打線を形成。日本の快進撃の大きな原動力となりました。

コメントでは「たまんないね!このツーショット」「夢のような数日間でした」「全試合最高でした」「日本でプレーしてくれて、ありがとう」「世界一取ってきてください!」「声を出して魂こもったピッチング感動しました」「投げる気合いの声が、TV越しにもよく聞こえて心が震えました」「気迫のピッチングでした!」「アメリカでホームラン打って圧倒してきてくれ!」「日本からみんなが応援しております!」「感動と勇気をありがとう」「最後まで楽しんでください」と、称賛や応援の声が多数上がっています。

イタリア戦では序盤から164キロを計測するなど気迫あふれるピッチングを見せた大谷選手。投げるたびに雄たけびを上げる姿に、選手もファンも大谷選手のこの大会に懸ける強い思いを感じたのではないでしょうか。次からはいよいよアメリカでの戦いが始まります。準決勝の相手はメキシコです。再び歓喜の瞬間が訪れることを信じて、全力で応援したいですね!


>次ページ:WBC出場選手の他の投稿をもっと見る


【おすすめ記事】
大谷翔平、山本由伸&ヌートバーとスリーショットでWBC1次リーグ突破を報告! 「昨日のヒーローたちだね」
大谷翔平、侍ジャパン決起集会の様子を公開! 「世界一になるメンバーが揃いましたね」「ほんとに楽しみ」
大谷翔平、WBC初戦の女房役・甲斐拓也とツーショット! 「感動が止まらない」「まじ激アツだった」
大谷翔平、名古屋到着で侍ジャパンにいよいよ合流! 「ワクワクが止まらない」「めちゃくちゃ楽しみ」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も