「デビュー時に衝撃を受けた歴代アイドル」ランキング! 3位 少女時代、2位 SPEED、1位は?

All About編集部は全国10~60代の男女500人を対象に「歴代女性アイドル」に関するアンケートを実施。その中から「デビューが印象的だった女性アイドル」のランキングを発表します。(サムネイル画像出典:プレスリリース)

少女時代(画像出典:プレスリリース
All About編集部は3月2~8日の期間、全国10~60代の男女500人を対象に「歴代女性アイドル」に関するアンケートを実施。その中から「『デビューが印象的だった』『初めて見たときに衝撃を受けた』女性アイドル」について聞いた結果を紹介します。


>次ページ:20位までのランキング結果

 

第3位:少女時代

3位には「少女時代」がランクインしました。2007年、韓国でデビューした少女時代は、2010年にDVD『少女時代到来~来日記念盤~』で日本デビューしました。

少女時代を選んだ回答者からは、「まず『K-POP』というものが新鮮だったのと、"美脚"を謳っていたので、容姿の美しさも印象に残ったからです(23歳女性)」「今まで見てきた日本のアイドルは可愛さや幼さなどを武器にしているイメージが強かったが、初めて少女時代を見た時メンバー全員モデルのようなスタイルの良さで、ヘルシーな色気、かわいらしいオーラを放つ姿を見たときは衝撃を受けました(29歳女性)」「少女時代のデビューはとても印象深いです。みんながモデル体型で、足がとにかく長くて、ジーパンにTシャツの恰好でもそれが様になっていて、素敵でした。ダンスもそろっていて、感動した思いがあります(39歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:SPEED

2位に入ったのはボーカル・ダンスグループの「SPEED」でした。

メンバーは島袋寛子さん、今井絵理子さん、上原多香子さん、新垣仁絵さん。1996年にシングル『Body&Soul』でCDデビュー以降、『White Love』『my graduation』などのヒット曲を多数生み出しました。

アンケート回答者からは、「すごくかっこよくて釘付けになったから(39歳女性)」「年齢に対してかなり大人びた歌詞の楽曲ばかりだったから(40歳女性)」「キレッキレのダンスに歌も上手い。歳もそんなに変わらないのに こんなに輝いて見えるのってすごいと思った(34歳女性)」「4人とも平均年齢が低く、特に寛子さんはデビュー当時、まだ小学生だったという事実に驚きました。その年齢に似合わない歌唱力の高さとダンススキルも信じられませんでした(44歳女性)」などの声が寄せられました。
 

第1位:モーニング娘。

デビューが印象的だった女性アイドルの1位は「モーニング娘。」でした!

つんく♂さんがプロデュースを手掛け、オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)から誕生。1期生は安倍なつみさん、福田明日香さん、石黒彩さん、中澤裕子さん、飯田圭織さんの5人で結成されました。

アンケート回答者からは、「オーディションを落ちた人で結成したグループでこんな出方したのは珍しいと思うので(47歳男性)」「当時まだ現役だったつんく♂さんがいきなりプロデュース側に回って、奇抜なことをやり始めたため(39歳男性)」「ずっとASAYANを観ていたので、デビューが楽しみでした(45歳女性)」「テレビではじめて見た時、みんなキラキラして輝いて見えました(32歳女性)」「小学生の時にLOVEマシーンを聞いて以来、大ファンになりました。あの時の出来事は鮮明に覚えています(34歳男性)」など、斬新なプロデュース方法でデビューしたことが衝撃を与えたようです。


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:20位までのランキング結果


【おすすめ記事】
「人生で最も熱狂した歴代女性アイドル」ランキング! 3位 SPEED、2位 AKB48、1位は?
500人が選んだ「日本を代表するアイドル」ランキング! 3位 モーニング娘。、2位 AKB48、1位は?
「世界的な活躍を期待するアイドル」ランキング! 3位 ももいろクローバーZ、2位 NiziU、1位は?
「良曲が多い歴代女性アイドル」ランキング! 3位 松田聖子、2位 モーニング娘。、1位は?
「ダンスがすごい」歴代女性アイドルランキング! 3位 BLACKPINK、2位 TWICE、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化