「世界的な活躍を期待するアイドル」ランキング! 3位 ももいろクローバーZ、2位 NiziU、1位は?

今回、All About編集部は全国10~60代の男女500人を対象に「歴代女性アイドル」に関するアンケートを実施。本記事では、その中から「世界的に活躍できると思う女性アイドル」について聞いた結果を紹介します。(サムネイル画像出典:プレスリリース)

ももいろクローバーZ(画像出典:プレスリリース
All About編集部は3月2~8日の期間、全国10~60代の男女500人を対象に「歴代女性アイドル」に関するアンケートを実施。本記事では、その中から「『世界的に有名になってほしい』『世界的に活躍できる』と思う歴代女性アイドル」について聞いた結果を発表します。


>次ページ:10位までのランキング結果

 

第3位:ももいろクローバーZ


3位は2008年に結成した「ももいろクローバーZ」でした。

現在は、百田夏菜子さん、玉井詩織さん、佐々木彩夏さん、高城れにさんの4人で活動中。グループ名は「ピュアな女の子が、幸せを運びたい」という意味を込めて命名されました。“ももクロ”の愛称でファンに親しまれています。

回答者からは、「ももいろクローバーZ以上に人を元気にするアイドルはいない(26歳女性)」「ダンスと笑顔に、勢いが1番あるからです。世界で通用すると思います(47歳女性)」「歌が盛り上がるものが多いからです(24歳男性)」「『世界のモノノフNO1』というコールがあるくらいにももクロは世界でも通用するアイドルだと思います。踊りながら歌い、メンバー同士の仲がよく、とてもきらきらと輝いています(21歳女性)」などのコメントが寄せられました。
 

第2位:NiziU


2位には「NiziU」がランクイン。韓国の大手芸能事務所・JYPエンターテイメントとソニーミュージックの合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」をきっかけに結成しました。

「踊りも歌も上手いし、顔もスタイルもよい。英語を話せる子もいるので世界的に活躍してほしい(28歳女性)」「やはりダンス、ボーカル力があるから。スタイルもイイし世界的に人気がでそう(46歳男性)」「世界で勝負するなら歌詞が英語じゃないといけない気がして世界的にKPOPが流行っていると思うので今一番近いと思うNiziUが世界で活躍できると思います(20歳男性)」「ダンスパフォーマンスが群を抜いてすばらしく、才能と努力がつまったアイドルだと思うから(51歳女性)」など、絶賛する声が多数集まりました。
 

第1位:Perfume


1位に輝いたのは「Perfume」でした!

2000年に結成したPerfumeはあ~ちゃん、かしゆか、のっちによる3人組アイドルユニット。2005年にメジャーデビューを果たすと、テクノポップアイドルというジャンルを築き、現在も精力的に活動を続けています。回答者からは、以下のようなコメントが寄せられました。

「実際に世界でも活躍されているので今後も期待したいです(48歳女性)」

「ビジュアルはもちろんのこと、パフォーマンスのレベルがすごく高いので、世界を目指せると思います(26歳女性)」

「独自の世界観があるし、ダンスのレベルも高くてキャッチーな曲が多いので(31歳女性)」

「歌唱力もあり、ダンスは特別にうまい。テクノポップな歌で世界中を魅了するだろう(70歳男性)」

「アメリカに留学していたとき、Perfumeの出演しているコマーシャルをよく目にしました。アメリカの友達に彼女達のことを知っているか聞くと顔はみたことあるけど、何をしている人かは知らないと言っていたので、知名度がある分、パフォーマンスをもっとアピールすればもっともっと活躍できると思いました(27歳女性)」


※回答者コメントは原文ママです


>次ページ:10位までのランキング結果


【おすすめ記事】
500人が選んだ「日本を代表するアイドル」ランキング! 3位 モーニング娘。、2位 AKB48、1位は?
「人生で最も熱狂した歴代女性アイドル」ランキング! 3位 SPEED、2位 AKB48、1位は?
「デビュー時に衝撃を受けた歴代アイドル」ランキング! 3位 少女時代、2位 SPEED、1位は?
「良曲が多い歴代女性アイドル」ランキング! 3位 松田聖子、2位 モーニング娘。、1位は?
「ダンスがすごい」歴代女性アイドルランキング! 3位 BLACKPINK、2位 TWICE、1位は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化