3月21日は2023年で最も縁起のいい日! 「やるといいこと」「やってはいけないこと」

2023年3月21日は3つの吉日が重なる「最強開運日」です。この日はどんな吉日なのか、1年に1度しか巡ってこないこの日に「やるといいこと」「やってはいけないこと」と併せて紹介します。

3月21日は最強開運日!(※画像はイメージ)

3月21日は2023年の中で最も運気が高まる「最強開運日」です。この日に何をするかで、今後の金運や仕事運が変わるかも!?  「やるといいこと」「やってはいけないこと」を紹介します。

 

3月21日は2023年最強の開運日

3月21日(春分の日・祝日)は、「一粒万倍日」「天赦日」「寅の日」と3つの吉日が重なる2023年で最も運気が高まるスペシャル開運日です。

1年のうち「一粒万倍日」は約60日、寅の日は約25日、さらに天赦日は5~6日とかなり少なく、これら開運日が3つ重なる日は、希少かつ運気が爆上がりする、とても貴重な日とされています。

2023年に1度しか巡ってこないこのチャンスを逃さず、幸運を引き寄せましょう!
 

一粒万倍日とは
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)には、「一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になる」という意味があり、この日に始めたことは大きな成果につながりやすいとされています。大きく発展させたい物事を始めるのに最適な日です。
 

天赦日とは
天赦日(てんしゃび・てんしゃにち)は、「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」といわれ、「何をやっても物事がうまくいく」とされています。1年に5~6回しか訪れない貴重な開運日で、重要なことや新しいことだけでなく、今までスムーズにいかなかったことや、諦めてしまったことを再スタートさせるのも良い日です。
 

寅の日とは
「トラは千里行って千里帰る」という逸話から、「出て行ったものがすぐに返ってくる」とされています。特にお金に関して縁起の良い日で「金運招来日」ともいわれていることから、車や家の契約、投資、口座開設、お財布の新調、宝くじの購入などお金にまつわることをすると吉。出て行ったものが無事に戻るという意から、旅行に行くのも良いとされています。ただし「すぐに返ってくる」ということから、入籍などは避けると良いでしょう。

 

開運日の前にやるといいこと

最強開運日のパワーをさらにアップさせるためにやっておきたいのは、「掃除」や「不要な物を手放すこと」です。部屋や身の回りをきれいにすることで、環境や行動が変わり、良い運気につながるといわれています。この日までに心も空間もスッキリさせておけば、ポジティブな気持ちで物事をスタートさせることができそうですね。

3月21日は新しい季節に切り替わる節目である春分の日でもあります。このタイミングに合わせて衣替えやクローゼットの片付けなどをするのもいいでしょう。

 

最強開運日にやるといいこと

3月21日のトリプル開運日におすすめのアクションは、物事をスタートさせること、お金にまつわることです。大きく発展させたいことはこの日にスタートさせると、最強の開運パワーが後押ししてくれそうです。

また、春に新調する財布は「春財布(張る財布)」といい、財布が張るくらいお金が入るといわれていることから、お財布の新調したり使い始めるのもいいですよ。

【やるといいこと】
・開店、開業
・新規事業
・転職
・家や車の契約・購入
・引っ越し
・口座の開設
・投資
・お財布の新調や使い初め
・宝くじの購入
・資格の勉強や習い事

 

最強開運日にやってはいけないこと

逆にこの日は「増えてほしくないこと」「返ってきてほしくないこと」は避けたほうがいいとされています。万倍にもなって自分に返ってくると困るようなマイナスなことをするのはやめましょう。

【やってはいけないこと】
・人に物を借りる
・人を傷つける
・うそや影口
・ギャンブル
・借金やローンの契約


何か新しいことを始めたいと考えている人も、これから新生活が始まる人も、2023年で1度しか巡ってこないこの日のトリプル開運パワーにあやかり、最高のスタートを切ってくださいね。

 

【おすすめ記事】
3月は超開運月! 「トリプル開運日」も「最強開運日」もやってくる【吉日・開運日カレンダー】
「みんなが気にする吉日」ランキング! 3位「寅の日」、2位「天赦日」、1位は?
風水掃除で健康運アップ!病気・ケガを避ける開運インテリアのコツ
財布の中を『断捨離』したらお金が貯まる!?
今すぐやめて!運気ダウンのNGインテリア

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】