『星降る夜に』第7話 ムロツヨシ、鬼気迫る怪演に話題殺到「怖さからの切なさ」「辛さが伝わってきて泣ける」

2月28日に放送されたドラマ『星降る夜に』(テレビ朝日系)第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『星降る夜に』公式サイト)。

吉高由里子さん、北村匠海さんが共演するドラマ『星降る夜に』(テレビ朝日系)。2月28日に放送された第7話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

星降る夜に
画像出典:テレビ朝日『星降る夜に』公式サイト

 

第7話のあらすじ

妊娠中の妻が亡くなった件で雪宮鈴(吉高由里子)を医療裁判で訴えるも敗訴し、鈴に恨みを持つ男・伴(ムロツヨシ)。SNSで執拗に鈴を「人殺し」と中傷し、自宅まで襲撃した伴が、ついに「マロニエ産婦人科医院」を訪れ鈴の前に姿を現しました。
 

罵詈雑言を投げかけにじり寄る伴の恐ろしさに声も出せず涙する鈴に、異変を察した同僚の佐々木深夜(ディーン・フジオカ)が救いの手を伸べます。深夜は鈴を心配し、柊一星(北村匠海)を迎えに呼びます。なぜかスーツ姿でキメた一星は、鈴をドレスアップさせ高級レストランへ。「人殺し」と叫ぶ伴の声が耳から離れないという鈴の耳をふさぎ、「そんな言葉、聞かなくていい」と一星。
 

一方、深夜が鈴に恋愛感情を抱いているのではないかと感じていたマロニエの院長・麻呂川(光石研)や、一星が勤める「遺品整理のポラリス」社長・北斗千明(水野美紀)は、深夜の本心を確かめようとします。しかし、鈴のことは好きだがそういうのではないと深夜。
 

そんな中、伴が再びマロニエに乱入。鈴のことを人殺しだと喚き散らし、自分は被害者なんだと絶叫。止めようとした深夜や看護師たちを突き飛ばし、院内で大暴れし始めます。自分と彼の問題だからと警察への通報を止める鈴。すると、伴の娘が「お父さん、帰ろう」と声をかけ、大人しくなった伴は娘とともに院から出て行きました。
 

不穏な出来事が続く中、一星は深夜と鈴を誘って3人でキャンプへ。花火をしながらその光を眺めていると、言葉にならない感情を溢れさせた鈴は号泣。そんな鈴を深夜と一星は優しく見守って――。

 

星降る夜に
画像出典:テレビ朝日『星降る夜に』公式サイト

 

ムロツヨシの鬼気迫る演技に反響

Twitterでは鈴を追い詰める伴を演じるムロツヨシさんに話題が殺到。「鈴さんは悪くないけれど、妻を亡くし子どもを育て、仕事を失くし、貯金も尽き…伴さんの辛い気持ちがムロさんの演技から伝わって来て泣ける」「本当にすごい役者さん。怖さからの切なさ。感動した」「深夜先生にもムロ伴にもどうか安心して泣ける場所を…」など、怒りの矛先を鈴にしか向けられないであろう伴の気持ちを慮ったコメントが多く寄せられています。
 

一星や深夜の優しさに救われながら、「あの人もここにいたらよかったのかな」とふと思った鈴。一方、周囲に守られ健やかに暮らす鈴の姿を目の当たりにし、「なんでお前が幸せなんだ」と鈴に対する怒りを増大させていく伴。そんな伴に、同じく妻を妊娠中に亡くした深夜は「少しだけ気持ちがわかる」と言い、医師を目指した本当の理由を告白して――。
 

鈴と伴をとりまく問題がほどけ、心の安寧がもたらされるのでしょうか。今後の展開から目が離せません。

 

『星降る夜に』あらすじバックナンバー

『星降る夜に』第6話 水野美紀&猫背椿、形の異なる2組の親子愛に感動の声
『星降る夜に』第5話 嫉妬心むき出し“一星”vs天然“深夜”の噛み合わない攻防に「可愛い」「楽しすぎw」の声
『星降る夜に』第4話 “一星”北村匠海のバックハグ手話告白に反響「めちゃくちゃ男」「私もやられたい」の声
『星降る夜に』第3話 “ステイ”からのおでこキスに反響 「反則すぎる」「Silent上回った」の声
『星降る夜に』第2話 “一星”北村匠海「良き良き」手話教えるシーンに反響……あのドラマとの被りも話題に
『星降る夜に』第1話 『Silent』との徹底的な違いは?「初回からすごい」「涙がじゅわ~」感動コメント殺到

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても