「女性ソロ歌手」タレントパワーランキング! 3位「松任谷由実」、2位「あいみょん」、1位は?

芸能人の情報を届けるエンタメメディア「タレントパワーランキング」を運営するアーキテクトが、1都3県在住の10〜50代男女1100人の回答を基に「女性ソロ歌手」パワースコアを調査しました。1位は誰か分かりますか?

あいみょんさん(※画像出典:プレスリリース

魅力的な楽曲とその歌声で人々を魅了する女性ソロ歌手。中でも、特に人気と注目を集めているのが、アーティスト自身が楽曲制作を行うシンガーソングライターです。自らの思いやメッセージをメロディーに乗せて歌うことで、多くの人の心を揺さぶり共感を集めています。

エンタメメディア「タレントパワーランキング」を運営するアーキテクトは、女性のソロ歌手に焦点を当て、認知度(顔と名前を知っている)と誘引率(見たい・聴きたい・知りたい)を掛け合わせたパワースコアをランキング形式で発表しました。今回は、1都3県在住の10〜50代男女1100人の回答を基に算出された「女性のソロ歌手」のパワースコアランキングを紹介します。※調査時期は2022年5~8月


>8位までのランキング結果を見る

 

第3位:松任谷由実

3位には、シンガーソングライターの松任谷由実さんがランクイン。2022年にデビュー50周年を迎えた松任谷さんの代表曲は数えきれないほど。中でも、1994年に発売された『春よ、来い』は音楽の教科書にも掲載されています。また、作曲家として松田聖子さんの代表曲『赤いスイートピー』『渚のバルコニー』の楽曲制作なども手掛けており、日本の音楽史に残る数々の名曲を生み出してきたレジェンドです。
 

第2位:あいみょん

2位には、あいみょんさんが入りました。シンガーソングライターとして、2016年にメジャーデビューして以来、『マリーゴールド』や『裸の心』などの代表作を生み出してきました。どこか昔懐かしいメロディーと、彼女ならではの世界観や表現でつづられる歌詞を真っすぐ心に響く歌声で歌い上げる楽曲は、若者のみならず幅広い世代から支持されています。2023年前期のNHK連続テレビ小説『らんまん』では、主題歌を担当することも発表されています。
 

第1位:宇多田ヒカル

1位は、宇多田ヒカルさんでした! 1998年に『Automatic | time will tell』でデビューし、その後『Addicted To You』『Can You Keep A Secret?』など、数々のヒット作を世に放ってきた宇多田さん。1999年に発売された1stアルバム『First Love』は、日本の音楽シーンの転換点ともいわれるほど大きな影響を与えました。現在は、イギリス・ロンドンを拠点に楽曲制作を行っており、2023年1月に40歳を迎えた自身の誕生日には世界初の360 Reality Audio生配信イベントを行い、ファンを喜ばせました。


>8位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「金麦のCM出演女優」ランキング! 13年広告塔を務めた「檀れい」を抑えて1位になったのは……?
「坂道グループの歴代メンバー」ランキング! 3位「平手友梨奈」、2位「西野七瀬」、1位は?
「30代のジャニーズ」タレントパワーランキング! 上位3位はあのグループが独占
「松本潤と共演してほしい芸能人」ランキング! 「井上真央」を抑えた1位は?


【関連記事】
プレスリリース
タレントパワーランキング
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応