山本裕典、事務所解雇の真相と“キムタク”の格好いいエピソード披露「抱かれてもいいと思った」

飲食店経営や舞台俳優として活躍する山本裕典さんが、2月2日に配信されたRepezen FoxxのYouTube Liveに登場。言えなかった事務所解雇の真相や芸能界エピソードを披露しました。

飲食店経営や舞台俳優として活躍する山本裕典さんが、2月2日に配信された「【Repezen Foxx】レペゼンフォックスのゆるブリさぶちゃんねる。」のYouTube Liveに登場。これまで言えなかった「事務所解雇」の真相などを語りました。
 

「なぜ僕が事務所を辞めなきゃいけなくなったか」

山本さんは当時、地方に出かけた際に「遊んだ女の子がいた」と話し、実はそれがハニートラップだったと明かしました。さらに当時所属していた事務所へ“彼氏”と名乗る男性から「どうしてくれんの?」などの連絡が入るように。一緒にいた人たちなどが動いてくれ、山本さんとしては何事もなく済んだと言います。しかし、事務所としては当時、芸能人による不祥事が続いていた背景もあり、「本当にごめんだけど うちの事務所じゃ面倒見きれないから辞めてください」と、社長に言われたことを打ち明けました。
 

大手の事務所など他事務所も紹介してもらったという山本さんですが、所属していた事務所の社長が好きだったため、「あなた以外とだったら仕事できません」「だったら芸能界辞めます」と答えたと28歳の頃を振り返りました。結果的にこの件が「解雇」としてメディアで報じられ、さらに真実を話すと所属していた事務所に迷惑が掛かると言葉をのんだこともあり、あやふやなまま今に至ったと7年越しに真相について語りました。
 

芸能界での楽しいエピソードも披露

 

そんなつらい思いを経験した山本さんですが、DJまるさんから「楽しかった現場」について尋ねられると、『花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~』(フジテレビ系)と、日曜劇場『南極大陸』(TBS系)を挙げました。その中で、『南極大陸』の主演を務めた木村拓哉さんとの「格好いいエピソード」を話し始めます。
 

顔合わせの際、木村さんにあいさつを無視されたと言う山本さん。その後、撮影が始まり再び木村さんのもとへ改めてあいさつに行き自己紹介をしたところ、靴ひもを結びながら山本さんを見た木村さんは「知ってるよ だってお前のこと知らねーやつ、いねぇだろ」と“キムタク流”にあいさつを返してくれたと、再現を交えながら披露しました。
 

「やばくないですか?」「顔合わせから撮影までの間に多分 木村さんの中でプランがあったんでしょうね」「抱かれてもいいと思いましたもん」と、キムタクエピソードを熱く語りました。続けて、木村さんは「人の心を惹きつける何か」を持っているとも話しています。
 

DJまるさんも、人の心をつかむのがうまい木村さんに「それはずるいわ」と声を上げ、チャット欄には「かっこよ!」「流石キムタク」「何それwすごw」「やるなー」などの声があふれ、盛り上がりを見せました。ほかにも山本さんの芸能界エピソードがたくさん語られています。気になる人はぜひ、チェックを!
 




>次ページ:山本さんの日常投稿やレペゼンの動画を見る!
 


【おすすめ記事】
「#スシローを救いたい」声援に社長がTwitterで声明発表「涙がでるぐらい感謝の気持ち」 レペゼン・DJ社長も加勢
「整形したのに」DJ社長、ザブングル加藤と“兄弟みたい”な2ショット披露! 「やばい似てるwww」「不覚にも笑った!」
「嘘つかれて損害出た」ヒカルにブチ切れ&浮気暴露されたシバターが土下座謝罪「1分で済む動画を9分にする天才」「演技まで一級品」
リメイクしてほしい「2010年代の学園ドラマ」ランキング! 『3年A組』などを抑えた1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?