Z世代の約3割が「子どもはいらない」と回答。恋愛や結婚よりも優先するのは「自分らしい幸せ」

SHIBUYA109 lab.がZ世代の男女400人を対象に実施した「Z世代の恋愛・結婚観に関する意識調査」によると、「恋愛不要」と回答した人が過半数を超え、「結婚慎重派」が4割、「子どもはいらない」が3割を超える結果となりました。Z世代が人生で優先するものとは?

Z世代の恋愛・結婚観は?(※画像はイメージ)

SHIBUYA109 lab.は、15〜24歳の男女400人を対象に「Z世代の恋愛・結婚観に関する意識調査」を実施しました。その結果、「人生で大切なものは恋愛じゃなくてもいい」や「結婚は人生のゴールじゃなくていい」など、Z世代のリアルな恋愛・結婚観が明らかとなりました。(以下の調査結果はSHIBUYA109 lab.調べ、調査期間は2022年11月~12月)


>Z世代の恋愛・結婚観を詳しく見る

 

過半数が「恋愛は人生において必ずしも必要ではない」と回答

「恋愛に関して重視する程度を教えてください」を見ると、「できれば恋愛をしていたい」が最多の34.0%、次いで「必ずしも恋愛は必要ではない」が29.5%という回答でした。


その他の項目を含め、恋愛必要派と不要派に分けてみると、「恋愛は必要」(必要不可欠・できればしていたい)と答えた人は、合計で46.8%だったのに対し、「不要」(必ずしも必要ではない・あまり必要ではない・不要)と答えた人は53.3%で、「不要派」が過半数を超えています。


「日々の生活の中で大事にしていること」を複数回答式で聞いたところ、「恋愛・結婚」は29.3%で6位という結果に。より上位には「友人との遊びや付き合い」や「進路・学業」「ヲタ活」「部活動・サークル」といった項目がランクインしています。Z世代は「恋愛は人生にとって必ずしも必要ではない」と考えている傾向にあるようです。

 

3〜4割が「結婚にも子育てにも消極的」と判明

「結婚願望として当てはまるものを教えてください」を見ると、最も多かったのは「良い人と出会えたらできるだけ結婚したい」の42.0%、次いで、「結婚願望はない」の18.8%でした。


「結婚したいが法律的に難しい」を除き、「結婚したい派」と「慎重派」に分けて見ると、「結婚したい派」(絶対にしたい・できるだけしたい)は合計58.3%、「慎重派」(慎重に考えたい・結婚願望はない)は合計37.3%という回答でした。


「子育てに関する理想像として当てはまるもの」を聞いたところ、最も多かったのは「子育てと仕事を両立したい」(47.8%)、次いで「現段階では子育てをするイメージはない/子どもはいらない」(33.5%)という結果に。また「子どもは欲しいが仕事に専念したい」も9.5%が回答しています。


これらの調査から、Z世代は「結婚慎重派(願望なし)」も「子育てに消極的」も約3〜4割ほどいることが明らかとなりました。

 

Z世代が優先したいのは「自分らしい幸せ」

グループインタビューで得られたコメントを見ると、「結婚はしたい人がすればいい」や「結婚では自分は幸せになれなさそう」、「離婚は大変だから付き合っているだけでいい」といった意見があり、結婚“すべき”というこれまでの価値観から解放されたZ世代の本音が多数見られました。


「結婚に感じるハードルや不安」についてのコメントを見ても、「(お金は)社会人になってバリバリ働いて自分に使いたいし、養われたくない」や「結婚は楽しそうだけど、出来ないことが増えそう。子どもが出来たら仕事も制限されるのが嫌だ」など、結婚や子どもを持つことに消極的な反面、「自分らしい幸せを優先したい・追求したい」といった価値観の変化が、調査にも表れているようです。


>Z世代の恋愛・結婚観を詳しく見る


【おすすめ記事】
「異性との交際を積極的にしていきたい」新成人は半分以下。男性の方が消極的?【新成人の恋愛事情】
なぜ恋愛リアリティショーはここまで人気なのか。若者の“恋愛離れ”で加速する「恋愛のコンテンツ化」
「子どもを持つのは贅沢」論が現実味? 女性が結婚相手に求める“最低年収600万”の調査結果から分析【アラサーが考える“恋愛とお金”】
「早慶以上は必須」結婚相手に“学歴”を求めるのは親の影響? 20代女性が「婚活=就活」と捉える理由


【関連記事】
プレスリリース
SHIBUYA109 lab.

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」