「お雑煮にカキを入れる」「餅つきの後に餅まきをする」地元の変わった年末年始の習慣は? 【中国・四国編】

All About編集部にてアンケート調査を実施。全国10~60代の200人に「地元の変わった年末年始の習慣」を聞きました。今回は、中国・四国地方の回答をご紹介します!

地元の変わった年末年始の過ごし方、教えてください!
 

隣の県でもお雑煮の具が違うなど、地域によって年末年始の習慣はさまざま。皆さんの地元では、どう過ごしていますか?

「中国・四国地方」の変わった年末年始の習慣とは?

All About編集部は全国10~60代の男女200人に「地元の変わった年末年始の習慣」についてアンケート調査を実施。今回はその中から、中国・四国地方の回答をいくつかご紹介します!
 

お雑煮にカキを入れる(広島)

「お雑煮にはカキが入っていること。おすましの出汁におもち、かまぼこや野菜に加えカキも入っている。瀬戸内海に近いからこその習慣だと思う。おせちやお雑煮に加え、魚や貝のお刺身もたくさんテーブルに並ぶ。新鮮な魚介類が手に入りやすいからかもしれない(20代女性)」
 

さすが広島! お雑煮にもカキ。お正月から豪華でうれしいですね。
 

餅つきの後に餅まきをする(山口)

「正月に餅つきをして、そのあとに餅まきがある家もあります。もともと地域のおまつりや学校の行事などにも餅まき、という内容が必ずイベントの最後トリにあるのですが、白と赤のもち2つをビニール袋に入れて高い場所からバラバラとまくのです。私は餅がすきなのでその行事が好きで大人も子供も男女も関係なくみんな必死になって餅を取りに行きます。背の高い人が有利なので、子供や女性にゆずるのも暗黙の了解となっています(20代女性)」
 

イベントだけでなく、お家の餅つきでも餅まき。お正月は歩いてるだけでお餅に苦労しないかも?

 

お雑煮にあんこ餅を入れる(香川)


「お正月に食べるお雑煮の中にあんもちが入っていることです。それを言うとけっこう驚かれるのですが、意外というか、普通においしいです。基本は白味噌で、ダイコンやニンジンなどが入っています。そこにあんもちが入ることで、いい感じに甘じょっぱくなり、美味しく感じます。正直、そのあんもちの入ったお雑煮がないと新たな年を迎えた気がしません。初めて他県でお正月を過ごしたときにあんもちが入っていないことに驚きました。今年は妻と別居中なので、香川に帰ってあんもちの入ったお雑煮を食べたいと思います(30代男性)」
 

最後の一文が切ないですね。次のお正月はご家族と仲直りして、一緒にお雑煮を食べてください……!
 

あなたの地元の変わった年末年始の習慣は何ですか? 自分では当たり前でも、他県の人から驚かれることもあるかもしれません。
 

年末年始に集まる際に、ぜひ周りの人と話してみてはいかがでしょうか。


【おすすめ記事】
「玄関先でゴムチューブを地面に叩きつける」「年越しに沖縄そばを食べる」地元の変わった年末年始の習慣は? 【九州・沖縄編】
「お正月にクジラ汁」「初詣の日にラーメン」地元の変わった年末年始の習慣は? 【北海道・東北編】
「大晦日にすき焼き」「謎のおみくじが入ったお菓子を食べる」地元の変わった年末年始の習慣は? 【中部編】
「耳の形をしたうどんを食べる」「人の少ない街中を楽しむ」地元の変わった年末年始の習慣は? 【関東編】
「パチンコ店が40時間ぶっ通し営業」「しめ縄を一年中飾る」地元の変わった年末年始の習慣は? 【近畿編】

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応