2022年「SNSで話題沸騰したオリジナル脚本ドラマ」3選! 号泣必至の恋愛ドラマに挑戦的社会派ドラマと豊作

2022年に放送されたオリジナル脚本ドラマから、SNSで話題沸騰した3作品をピックアップして振り返ります。

四半期ごとに各局で放送される連続ドラマは、Twitterでトレンド入りすることもしばしば。毎回の放送後に考察がなされたり、俳優陣の演技力や名台詞を称えるコメントがあふれたりと多くの反響が寄せられます。
 

今回は、月~日曜のゴールデンタイムに放送されたオリジナル脚本ドラマから、2022年にSNSを沸かせた3作品をピックアップして振り返ります。あなたのお気に入りは登場するでしょうか?
 

1. 『silent』

Silent
画像出典:『silent』公式サイト

『silent』(フジテレビ系)は2022年秋ドラマ枠で、木曜22時に放送されました。川口春奈さん演じる主人公の紬が、本気で愛するも別れることになってしまった高校時代の恋人・想(Snow Man・目黒蓮さん)と8年後に偶然再会。別れを乗り越え今を生きようとしている紬と、聴力を失う病気を患い、自分と向き合えず別れを選んでしまった想。音のない世界でもう一度“出会い直す”ことになった2人と、彼らを取り巻く人々が織りなす切なくも温かいラブストーリーは、毎話「泣ける」と話題に。
 

作中では手話によるコミュニケーションが多用されながら、聞こえる聞こえないに関係なく相手に思いを伝えることの難しさやもどかしさが描かれました。フジ連ドラ初主演となった川口春奈さんの涙の演技には、「いくつもの涙の種類を持っていて毎度圧巻だった」と称賛が殺到。また、キスシーンなしの恋愛ドラマかと思いきや、黒板に映った紬と想の影が“あごクイキス”をしているように見える演出もあり、「ここまでキュンキュンした恋愛ドラマ初めて」「粋なドラマ」と反響を呼んでいます。
 

2. 『エルピス—希望、あるいは災い—』

エルピス
画像出典:『エルピス—希望、あるいは災い—』公式サイト

『エルピス』(カンテレ・フジテレビ系)は2022年秋ドラマ枠で、月曜22時に放送されました。民放ドラマ初執筆となる渡辺あやさんの脚本と監督・大根仁さんのタッグによる社会派エンターテインメント。スキャンダルによって落ち目になったアナウンサーと、バラエティー番組の若手ディレクターらが、10代女性が連続して殺害された事件の冤罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描いた物語です。
 

長澤まさみさんが4年半ぶりに連ドラ主演を飾り、眞栄田郷敦さんや鈴木亮平さん、岡部たかしさんら俳優陣の名演技にSNSでは称賛が殺到。実在の事件から着想を得たという本作では、作中で過去に報道された実際の映像を使用するなど挑戦的な印象を色濃く残しました。報道のあり方に切り込む視点には、「日本の報道に言いたいことをドラマがやってくれた」「この脚本でよく企画が通ったな」など驚嘆の声が多く寄せられています。
 

3. 『マイファミリー』

マイファミリー
画像出典:『マイファミリー』公式サイト

『マイファミリー』(TBS系)は2022年春ドラマ枠で、日曜21時に放送されました。人生最悪の事態に見舞われた家族の姿を描くノンストップファミリーエンターテインメント。警察の手を借りずに娘を誘拐犯から救い出し、新たな誘拐事件に巻き込まれていくゲーム会社社長を主演の二宮和也さん、妻役を多部未華子さんが好演しました。
 

一見幸せそうに見える家族の裏側には隠された秘密が。次々と起こる新たな誘拐事件、姿の見えない犯人との格闘、警察との攻防が、壊れていた家族の絆が再生されていく様子とともにテンポ良く描かれ、毎話ハラハラドキドキする展開に。SNSでは真犯人とその目的を考察するコメントが続出し、大いに盛り上がりを見せました。
 

いずれも、2022年のNo.1ドラマだったと呼び声の高かった人気作。ロスを嘆く声も続出しました。2023年はどんなドラマと出会えるのでしょうか? 楽しみですね。



【おすすめ記事】
『マイファミリー』最終回 真犯人はまさかの!? 悲しくも堂々の結末に反響続出「しんどい」「気持ち晴れない」
2022年放送「面白かったドラマ」ランキング! 3位『鎌倉殿の13人』、2位『silent』を抑えた1位は?
『エルピス』最終回 “希望”が詰まったラスト&名台詞の嵐に「泣いた」「勇気もらえた」の声
ドラマ『silent』で演技がうまいと思った俳優ランキング! 主演の「川口春奈」を抑えたTOP2は?
『石子と羽男』最終回 中村倫也「ずっと隣にいてください」に反響&感動のラスト「続編希望」「TBS版相棒になって」の声

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」