燕三条の職人技が光る! 自分の指先みたいに使える「ゆびさきトング」は、時短調理の強い味方

金属加工で有名な新潟県燕市と三条市。今回は、“燕三条”といわれるこの地域の職人がつくるキッチンブランド「レイエ(leye)」シリーズの商品から、まるで指先のように使える「ゆびさきトング」をご紹介します。

レイエのロゴが刻まれている
レイエ ゆびさきトング(税込1650円)

金属加工が盛んな地域として知られる燕三条に本社を構えるオークス株式会社をご存じですか? 「余計な手間なんて、省くが勝ち。」をコンセプトとした調理器具シリーズ「レイエ」を展開する企業、というと分かる方もいるかもしれません。

「レイエ」は、「がんばらなくちゃなんて思わず、家事はさっと片づけて、その分、やりたいことを楽しみましょ。」というブランドメッセージを掲げ、主婦・主夫の家事をラクにしてくれる“ひと工夫”ある調理器具をラインナップ。

「これは便利!」と思わずうなってしまうアイデア溢れる調理器具が多い「レイエ」シリーズの中でも、特に筆者のおすすめは「ゆびさきトング」(税込1650円)です。
 

レイエ「ゆびさきトング」とは?

オークス株式会社
まるで自分の指先のように使えるレイエの「ゆびさきトング」

「ゆびさきトング」は、その商品名の通り、まるで指先のように使えるトングです。

菜箸や長いトングを使って調理をするとき、食材をつかみづらいと感じたり、取り回しに手こずったりしたことはありませんか?

この「ゆびさきトング」は、そんな“困った”を解消してくれ、まるで指先で食材を扱っているかのように、スムーズに調理を進めることができます。
 
適度なバネ性がある
適度なバネ性がありつかみやすい

「さすがメイドイン燕三条!」と拍手を送りたくなる美しいフォルム。

全長14.7×高さ4.5cmと、ちょうどいいサイズ感と手にすっぽり収まる形が使いやすさの理由。適度なバネ性で、まるで自分の指であるかのような使い心地です。トングの先から食材がすり抜けてしまうこともありません。
 

「ゆびさきトング」はこんなシーンにおすすめ!

レイエ ゆびさきトング
「ゆびさきトング」なら、食材を簡単に選り分けられる
 
食材ごとに形が違うサラダも、「ゆびさきトング」ならしっかりと取り分けることができます。食材を選り分けるのも簡単で、「にんじん多めに」といったオーダーに応えることもできます。
 
レイエ ゆびさきトング
薄切り肉も難なく1枚ずつ取り出せる

「ゆびさきトング」を使えば、薄切りの肉を1枚ずつ取り出すのもラクちん。菜箸や大きめのトングだとつかみづらく、1度に複数枚のお肉が取れることがありますが、「ゆびさきトング」を使えば、難なく薄切り肉を1枚単位で取ることができます。しゃぶしゃぶのときにも大活躍してくれます。
 
レイエ ゆびさきトング
完熟したフルーツも「ゆびさきトング」なら形が崩れません
 
力を加えるとつぶれやすい厚みのある完熟フルーツも、「ゆびさきトング」ならきれいにつかむことができます。まさに指先のように、力の入れ具合を調整できるところも優秀です。
 

水だけでサッと汚れが落ちる

レイエ ゆびさきトング
水にサッとくぐらせるだけで汚れが落ちる

前につかんだ食材がトングに付いてしまっていても、水でサッとすすぐだけできれいに落ちるのが「ゆびさきトング」の魅力。

生肉をつかんだあとは水道で洗剤を使って洗いますが、それ以外のものは水を入れた器にサッとくぐらせるだけで使い続けられます。
 
薄い食材から厚みのある食材まで、まさに指先のようにつかめる「ゆびさきトング」。時短で調理したい人にとくにおすすめしたい、燕三条の職人技が光るキッチンツールです。


【おすすめ記事】
従来品より6倍長持ち! リニューアルした“取っ手のとれる”ティファールに変えたらストレスフリーに
たった1分で、注ぎ口から「ふわふわもっちりミルク」がとろ~っと。ミルクフォーマーならコレ!
【カルディ】知る人ぞ知る特別なコーヒー「It's My Coffee」、そのお味は……?
カインズで買ってよかった! 触りたくないアレを触らず一瞬で落とせる「お掃除グッズ」
韓国発「サリ麺」の万能感最高! 即席つけ麺、まぜそば、油そば……知っておきたい5つのアレンジ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない