ムーミン好き集まれ! 新オープンの「MOOMIN SHOP GINZA」ってどんなお店? かわいい北欧雑貨も勢ぞろい

銀座インズ1に新コンセプトとなる「MOOMIN SHOP GINZA」がオープン! トーベ・ヤンソンが描く「ムーミン」の世界観を体現した常設オフィシャルショップで、約1100点ものムーミンアイテムがそろいます。限定&先行商品も併せてチェックしてきました!


12月16日、銀座に「MOOMIN SHOP GINZA(ムーミンショップギンザ)」がオープンしました! トーベ・ヤンソンが描く「ムーミン」の世界観を体現した、新コンセプトの常設オフィシャルショップです。ここでしか購入できない限定商品や先行販売品などもあるとのこと。早速チェックしてきました!
 

ムーミンの世界観が感じられる新ショップ

MOOMIN SHOP GINZAは松屋のグループ会社・東栄商会が運営。「銀座インズ1」内、外堀通りに面した1階にあります

「ムーミン」はフィンランド出身の作家トーベ・ヤンソンが生み出した架空のキャラクター。9作品からなる小説シリーズほか、絵本やコミックスとしても世界中で親しまれています。日本ではテレビアニメ放送などから高い人気があり、世界市場規模約950億円のうち、およそ半分を日本が占めているほど!
 
ムーミンの小説シリーズに描かれている挿絵

原画展が行われるなど、近年はアート作品としても注目されているムーミン。小説にはキャラクターのかわいらしさだけでなく、多様性やフレンドシップなど時代を超えた価値観が込められており、今回のショップではそうした奥深い文学性やアート性も感じられる空間になっています。
 


店内はムーミンのアートに使われているセージグリーンをメインに、挿絵などに使われたインクを思わせる黒をアクセントに。北欧からのインポートアイテムやオリジナルグッズなど、およそ1100点をそろえています。
 
ここからは商品ラインナップとともに、MOOMIN SHOP GINZAの限定&先行販売商品を詳しく紹介します!
 

商品の7割が北欧からのインポートアイテム!

「muurla(ムールラ)」のホーローマグカップやコースタ―

グッズのおよそ7割がフィンランドやスウェーデン、デンマークなどの北欧からの輸入商品! 同ショップは国内最大級の品ぞろえでムーミンアイテムを展開しています。
 

フィンランドの代表的なお菓子ブランド「ファッツェル」のムーミンアイテムも多数! 食べ終わっても取っておきたくなるようなパッケージが並びます。
 


スウェーデンを代表する王室御用達真鍮(しんちゅう)ブランド「スクルツナ」からはムーミンのゴールドフィギュアも! いいお値段ですが、お気に入りのキャラクターをそろえたくなります。
 

暮らしになじむライフスタイル雑貨が充実


ムーミンの世界観をそのまま感じられる、原画モチーフの色鮮やかなトレー。店内にはポスターやポストカードもあるのですが、日々の暮らしでよく使うトレーやマグカップなどでも取り入れられるのがいいですね。
 

4種類のフードボウルやシリコンマット、ペットフードを保管するフードジャーなど、ムールラのかわいらしいペットグッズも充実。
 


店内奥にはムーミンの原作小説や絵本、コミックスなど約60点が並ぶブックコーナーあり。親子で座って絵本の読み聞かせができるキッズスペースにもなっています。

このほか、益子焼(ましこやき)や博多人形など、日本の伝統工芸品とのコラボアイテムや、プレゼントにも喜ばれそうなベビー・キッズ用品なども数多くあり、じっくり見て回りたくなるラインナップです。


>次のページ:ファン必見! ここでしか買えない限定商品&先行商品をチェック


【おすすめ記事】
【スタバ】寒い日に染みる濃厚な甘さ! 新作フラペ「バターキャラメル ミルフィーユ」を飲んでみた
冬季限定「スターバックス(R) ホリデーシーズン ブレンド」登場! クリスマスデザインのカップもかわいらしい
「ミスド福袋2023」は12月26日発売! 気になる中身や値段は? どうやって買える?
マクドナルド、2023年の福袋は「CHUMS」とコラボ! 12月20日まで応募受付中
完売必至の牛乳石鹸「赤箱」で、お肌しっとり、心に潤い。数量限定なので急いで!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」