「経営陣が高齢者ばかりで……」年収350万円の40代男性が会社を辞めようと思った瞬間

All About編集部で「会社を辞めたいと思った瞬間」についてのアンケートを実施。今回は年収350万円、食料品販売で働く40代男性のエピソードを紹介します。

年収350万円、40代男性が「会社を辞めたいと思った瞬間」とは(画像はイメージ)

「うちの会社、やばくない……?」


経営陣の考えに危機感を覚えて、辞めてしまいたいと思ったことはありませんか?


今回は年収350万円、食料品販売で働く40代男性が「会社を辞めたいと思った瞬間」のエピソードを紹介します。

 

世間のニーズに合わせた改善をしない

こちらの男性は、職場の人間関係に不満を持っているとのこと。


All About編集部が行ったアンケートで「年齢を考えると、あと10年以上は仕事をしたいのですが、経営側に高齢の人が多いので将来的に不安なんです」と、不満について打ち明けてくれました。


「長年働くうえで必要なことは、良い人材の確保、従業員の教育、商品の見直しや改善。このあたりが重要になってくると思いますが、全ておろそかにしている事が現状です」と、先を見据えて行動しない経営陣の怠慢に納得がいかない様子。


「20~30年前は今まで通りでも良かった部分はありますが、今は世の中の変化が年々早くなってきています。世間のニーズに合わせた改善をしない事も不安要素になっています」と、退職を考えるようになったそうです。

 

次が見つかり次第転職する

男性は今も同じ職場に勤めているそうですが、退職は時間の問題とのこと。


詳細を伺うと「今の仕事をしながら、少しづつ就職活動も始めています。見つかり次第転職する方向で考えています」と答えてくれました。


次の職場は、10年後の未来を想像できる会社だといいですね。
 

※回答者コメントは原文ママです


【おすすめ記事】
「1人だけボーナスを大幅に減らされて……」30代SEの男性が会社を辞めようと思った瞬間
「職人気質の上司に見て覚えろと怒られて……」製造業30代男性が会社を辞めようと思った瞬間
「上司から夜中にLINEが送られてきて……」年収320万円の40代女性が会社を辞めようと思った瞬間
「イエスマンばかりで気持ち悪い」手取り30万円の30代広報マンが会社を辞めようと思った瞬間
「13年勤めて1度しか給与が上がらず……」年収420万円の40代男性が会社を辞めようと思った瞬間

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」