ワークマンの人気商品「フュージョンダウンフーディー」。「大人用」と「ジュニア用」を比較してみた

ワークマンのアウターの中でも人気の「フュージョンダウンフーディー」。大人用とジュニア用の2タイプがあり、親子コーデをしたいときにおすすめです。実は、大人でも女性や小柄な男性の場合、ジュニア用も使うことができるんです。実際にどちらを選べばよいのでしょうか。この2タイプを比較してみましょう。

ワークマンの「REPAIR-TECH(R) 洗えるフュージョンダウンフーディー」(左)と「REPAIR-TECH(R) 洗えるフュージョンダウンジュニアフーディー」(右)(画像は全て筆者撮影)

ワークマンのアウターの中でも人気が高い「フュージョンダウンフーディー」。大人用とジュニア用が発売されています。女性や小柄な男性の場合、どちらも使うことができそうですよ。でもどちらを選べばよいのか悩んでしまうので、この2タイプを比較してみましょう。

 

比較するのはこの2つ

この記事で比較するのは以下の2つです。
「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」

「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」(以下、「大人用」)

 

「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンジュニアフーディー」

「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンジュニアフーディー」(以下、「ジュニア用」)
 

ワークマンの特殊技術である「REPAIR-TECH(R)」と、「フュージョンダウン」が使用されているのは共通しています。では具体的に何が違うのか、ここから紹介していきましょう。

 

裏アルミプリントの有無

「大人用」と「ジュニア用」の決定的な違いは、裏アルミプリントの有無です。
 
「大人用」にはブラックアルミ搭載

「大人用」にはブラックアルミが使用されています。

 

「ジュニア用」には裏アルミプリントなし

一方「ジュニア用」には裏アルミプリントがありません。

 

ブラックアルミはシルバーアルミプリントと比較すると1.5倍の保温力がある

ブラックアルミには、これまでのシルバーアルミプリントの1.5倍の保温力があるとされています。「ジュニア用」にはシルバーアルミプリント加工もないので、背中のぬくぬくとした暖かさには大きな違いが出てくるのではないでしょうか。

 

表側の両サイドのポケットの数

大人用は表のポケットが4つ

手を入れたりスマートフォンなどを入れたりしたいポケットにも違いがあります。「大人用」はファスナー付きで4つあります。ファスナーが付いているので、鍵などなくしたくないものを入れておけます。

 

「ジュニア用」はファスナーなしで2つ

「ジュニア用」はファスナーなしで2つです。「ジュニア用」は子どもが使うことが前提になっているのでしょうから、それほど荷物がないと考えたのかもしれません。そのため必要最小限の数になっているのではないでしょうか。

 

ふんわり感

ふんわり感に違いがある

同じフュージョンダウンを使っているダウンジャケットですが、「大人用」の方がふんわりしています。おそらく使用されているフュージョンダウンの量に違いがあるのだと思います。
 

「ジュニア用」もフワッとしているのですが、厚みがあまり出ていません。もしかしたら、ランドセルを背負うことを考えてのことなのかなと思ってしまいました。あまり厚みがあるとランドセルが背負いにくくなってしまいますからね。登下校時のことを考えた可能性もあります。

 

袖口の違い

袖口の違い

アウターを着たときに、袖口から冷気が入ってくるとスーッと寒いですよね。それを防ぐために袖口はしっかりと閉じておきたいもの。「大人用」は内側にもう1つ袖が付いているので、手首にフィットして冷気を遮断してくれます。「ジュニア用」は袖口にゴムが入っているものの、二重にはなっていません。袖口からの冷気が気になるならば、「大人用」の方が安心かもしれません。

 

サイズ感の違い

身長160cmの女性が「大人用」Mサイズ着用​​​​​​

筆者は「大人用」はMサイズ、「ジュニア用」は150cmサイズを使っています。もともとのサイズの違いがありますが、やはり「大人用」の方がゆったりとしています。下に厚手のニットを着ても、問題なく使えます。

 

身長160cmの女性が「ジュニア用」150cmサイズを着用

一方で「ジュニア用」はジャストサイズと感じました。多少の余裕はありますが、ダボっとすることなく着られます(身長160cmの女性着用の場合)。
 

フィット感は好みが分かれるところですが、ゆったり着たいならば「大人用」、ジャストで着るならば「ジュニア用」という選び方ができそうです。

 

価格の違い

価格に1000円の違いがある

いくらワークマンのアウターが安いとはいえ、やはり値段は気になるところでしょう。「大人用」は3900円(税込、以下同)、「ジュニア用」は2900円です。1000円の違いというと、ワークマンで売っている防寒アイテムが1つ買えそうです。
 

ワークマンには「大人用」と「ジュニア用」の両方で展開されている商品が他にもあります。もともとは、親子コーデをすることが目的なのでしょうけれど、特に「ジュニア用」は大人でも着られますから、使い勝手や価格などを考えつつ選んでいけるといいですね。
 

【おすすめ記事】
驚くほど軽い! 自宅で洗える! ワークマンの「REPAIR-TECH(R)洗えるフュージョンダウンフーディー」
ワークマンの大人気「洗えるフュージョンダウン」にジュニアサイズ! あえて大人が着ている理由とは
品切れの予感! ワークマンの「ダウンスカート」、使いやすさのポイントと注意点は?
ワークマンの「ポンチョストール」は穴が絶妙! スマホ操作や読書時の「イラっ」がなくなる優れもの
#ワークマン女子の「ブランケットポンチョ」がマルチに大活躍! むしろ室内で使いたい高機能アイテム

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」