中国・四国の高校生が選ぶ「イキイキしていると思う大学」ランキング! 3位「広島修道大」、2位「安田女子大」、1位は?

マイナビ進学総合研究所は、2023年3月卒業予定の高校3年生8276人を対象に「大学認知度・イメージ調査(2022年版)」を実施。本記事では中国・四国の高校生が選ぶ「イキイキしていると思う大学」ランキングを紹介します。

マイナビ進学総合研究所は、「大学認知度・イメージ調査」の2022年版を発表しました。2023年3月卒業予定の高校3年生8276人を対象に、各大学に対する知名度とイメージを調査し、ランキングにまとめたものです。

本記事では、中国・四国の高校生が選ぶ「イキイキしていると思う大学」ランキングを紹介します。※かっこ内は回答率 ※ランキング対象は高校生の在住エリアに本部を置く大学のみ

岡山大学 中央図書館

 

第3位:広島修道大学(7.1%)

3位は、「広島修道大学」でした。同エリアの知名度ランキングでは11位にランクインしています。


広島県広島市に本部を置く私立大学です。同校の沿革によると、起源は1725年までさかのぼり、当時の広島藩五代藩主・浅野吉長が創始した「講学所」がはじまりとされています。

2022年現在では7学部4研究科に約6000人の学生が在籍。就職率も97.8%(2021年度)という実績を誇っており、広島を中心に多数の優秀な人材を輩出しています。

 

第2位:安田女子大学(7.4%)

2位は、「安田女子大学」でした。知名度ランキングでは17位にランクインしています。


1915年に安田リヨウによって創立された「安田学園(広島技芸女学校)」をルーツとしており、1955年には安田女子短期大学の保育科を開学。現在の安田女子大学の原型ができています。

教育学部や看護学部、薬学部をはじめとした7学部と4研究科に約5000人が在籍しており、過去10年間の平均就職率は98.7%、短期大学は99.9%と、高い実績を誇っている女子大学です。

 

第1位:岡山大学(7.7%)

1位は、「岡山大学」が獲得。知名度ランキングでは2位に選ばれています。


広島県などとならび中国地方を支える岡山県の国立大学です。岡山市中心部に東京ドーム16個分という広大なキャンパスを有し、10学部8研究科に約1万3000人の生徒が学んでいます。

「SDGs研究推進大学」として、2019年度から全新入生を対象にSDGsガイダンス科目も開講。卒業後は、中国地方の多様な産業を支える人材として、地元優良企業への就職実績も多数あるほか、トヨタ⾃動⾞や東京海上⽇動⽕災保険といった⼈気企業に就職する生徒も多いです。


>次ページ:10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
中国・四国の高校生が選ぶ「知名度の高い大学」ランキング! 3位「山口大」、2位「岡山大」、1位は?
中国・四国の高校生が選ぶ「就職力が高い大学」ランキング! 3位「川崎医福大」、2位「岡山大」、1位は?
中国・四国の高校生が選ぶ「勉強が面白い大学」ランキング! 3位「山口大」、2位「岡山大」、1位は?
中国・四国の高校生に聞いた「時代にマッチしている大学」 3位 広島大、2位 広島修道大、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」