梨泰院「群集事故」で揺れる韓国。責任のなすりつけ合い、SNSでの魔女狩り……梨泰院惨事の経緯を解説

2022年10月29日夜、韓国・梨泰院の狭い路地で大勢が将棋倒しになる事故が起きた。347人もの死傷者を出したこの事故は一体どんなもので、なぜこの場所で起こったのか。これまでの経緯を、韓国在住の筆者が解説する。

「2022年10月29日」韓国の人々にとって忘れることのできない日となった。

ハロウィーンを楽しむため梨泰院(イテウォン)に集まった人々が、狭い路地で密集状態になり圧死するという悲劇が起きたのだ。死亡156人、負傷者191人を出した大事故だった(2022年11月4日午前現在)。

政府は11月5日までを国家哀悼期間に指定。全国各地で予定されていたハロウィーン関連および、大規模イベントは自粛を求められ急きょ中止となった。
 
「梨泰院惨事犠牲者の冥福をお祈り致します」梨泰院群集事故の犠牲者を追悼する横断幕。韓国のいたるところでこのような横断幕が掲げられている
「梨泰院惨事犠牲者の冥福をお祈りいたします」梨泰院群集事故の犠牲者を追悼する横断幕。韓国の至る所でこのような横断幕が掲げられている

日ごと明らかになる当日の現場状況と行政の怠慢。これは「事前に防げた事故ではなかったのか」、今、韓国市民はこの事故の“真実”を追い求めている。
 

韓国の中の外国、梨泰院

「梨泰院」という街の名は、ドラマ『梨泰院クラス』の世界的ヒットによって、韓国を訪れたことのない人々にも知られるようになった。実際にどんなところなのか。

もともと付近に米軍基地があった(京畿道平澤に移転済み)ため、自然とアメリカ人向けの商店が集まったことから、“外国人の街”として知られるようになった。韓国で最初のモスクもこの場所にある。

梨泰院駅を降りるとすぐに、このエリアが「ソウルの中の外国」と言われる所以を実感できるだろう。さまざまな言語の看板が並ぶ多国籍感ある街が広がっており、エスニックレストランや土産物店、バー、クラブなどが大通りだけでなく、急傾斜の坂道の両側や狭い路地裏にまで軒を連ねている。
 
しかし、華やかな印象のあるこのエリアに負のイメージを持つ層もいる。遊興施設がしばしば麻薬取締り捜査の対象となることや、 LGBTQ向けのクラブやバーが多く集まるためだ。梨泰院のとあるゲイバーで新型コロナウイルスの集団感染が発生した際は、性的少数者に対する誹謗中傷が飛び交い社会問題となった。また、今回の梨泰院群集事故直後、ネット上では麻薬関連の事故という憶測が独り歩きをし、フェイクニュースが拡散されている。
 
梨泰院はもともと異文化を楽しむ街だ。よっていつしか、ハロウィーンといえば梨泰院となり、この時期には多くの若者が集まるようになった。ハロウィーンを楽しむ様子は『梨泰院クラス』でも描かれていたので、仮装をしたにぎやかな群集の様子に記憶のある人もいるだろう。

そして、屋外でのマスク着用義務が全面解除された2022年のハロウィーンは、コロナ禍以降抑圧された数年を過ごしてきた若者にとっては、久々の一大イベントであった。梨泰院駅の利用者は2018、2019年には10万人程度だったが、2022年は13万人を超えていたという。ただ、今年の梨泰院のハロウィーンは、特定の主催者が開催したイベントではない。そのため、今回の事故の責任の所在が争点ともなっている。
 

>次ページ:責任の所在を問う世論
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても