【実食レポ】ジャワティの「赤」「白」を飲み比べ! こってりorさっぱり、どんな料理に合わせるのがいい?

発売から33年! 無糖紅茶飲料が今のように活況になるずっと前から"食事にも合うテーブルドリンク"として発売していた大塚食品の『シンビーノ(R)ジャワティストレート』。全2種類を飲み比べした結果、レッドにはこってり系、ホワイトにはさっぱり系の料理が合うことが分かりました。

無糖紅茶やフルーツティーなど、近年盛り上がりを見せている紅茶市場。現在は各社からさまざまな商品が発売されていますが、中でも無糖紅茶市場の先駆けとなったのが、"食事にも合うテーブルドリンク"として1989年に発売された大塚食品『シンビーノ(R)ジャワティストレート』です。

今回は「レッド」と「ホワイト」の2種類を飲み比べ! どんな料理に合うか試してみました!
 

アメリカの食事会で出されたアイスティーが開発のきっかけに

かつては砂糖やミルクなどを入れ、“甘くして飲むもの”というイメージだった紅茶。ジャワティ発売当時、日本で無糖紅茶飲料を出しているメーカーは他になかったそう。


『シンビーノ(R)ジャワティストレート』の始まりは1988年、当時の大塚食品社長・大塚明彦さんが招かれた、アメリカのある研究所の竣工パーティーがきっかけでした。ティータイムではなく、食事のお供として出されたアイスティーは料理によく合ったそう。ここから「どんな食事にも合う、無糖のテーブルドリンク」をコンセプトに開発したそうなんです。
 


目指す味をもとにたどり着いたのが、インドネシア・ジャワ島産の茶葉。食事をじゃましない穏やかな香りや美しい水色(すいしょく)を生かすため、無糖はもちろん無香料・無着色で作られています。

「レッド」は完全発酵させた茶葉のうち、華やかな香りの「フルリーフ」と、しっかりした味わいの「ブロークン」という2種類の茶葉を合わせているのが特徴。2011年からは、茶葉と部位、発酵度合いを変えた「ホワイト」もラインナップに加わっています。

 

ジャワティの「赤」と「白」の味はどう違う? 実際に飲み比べてみた


まずは深い色合いの「レッド」から飲んでみました。紅茶特有のほのかな甘みと、適度な渋み。一定の飲み応えを感じつつ、アールグレイティーやウーロン茶とは異なり、香りや渋みの主張は控えめ。これが「食事に合う」要素なのかもしれません。

 


続いては、筆者が初めて飲む「ホワイト」。黄金色の水色がとてもきれいですね! 茶葉の先端にある柔らかな「芯芽」と、そのすぐ下の部分である「一葉」のみを早朝に手摘みし、微発酵させて作られているそう。

口当たりがとてもまろやかで、すっきりとした飲み心地。水のようにさらりと飲めるけれど、後味はお茶のふくよかなうまみがしっかり感じられます。

 

1本(​​500mL)に対し、「レッド」は300mg、「ホワイト」は250mgのポリフェノールが含まれています

ちなみに、ジャワティは「レッド」「ホワイト」ともに、ワイン100mL(1杯分)に相当するポリフェノール量が含まれています。お茶の渋みの元となるポリフェノールを適度に残すことで、口の中をさっぱりとさせる=「食事に合う」を実現しているそうなんです。

実際に飲んでみて、「レッド」は濃い料理に、「ホワイト」はあっさりした料理との相性が良さそうだと感じました。

 

こってり系? さっぱり系? 2種類のジャワティを料理と合わせてみた


ここからは、ジャワティの「レッド」「ホワイト」それぞれに合う料理を作ってみました。まずは「レッド」から。ほのかな甘みと適度な渋みがあるので、脂っこい料理に合いそう。ということで今回は韓国料理のヤンニョムチキンと、付け合わせにナムルを用意してみました!

 


食事と合わせて飲んでみると、ジャワティの適度な渋みが威力を発揮。ニンニクやコチュジャン、ケチャップで味付けされたヤンニョムチキンのこってり感をさらりと流し、口の中をリセットしてくれます。ほかにもカレーやハンバーグ、ピザといった濃い味の料理にも合いそうです。
 


では、まろやかな味わいの「ホワイト」ではどうでしょうか? あっさり淡泊な料理の代表格として、刺身を用意してみました。付け合わせにそろえたのは、根菜の煮物と小松菜のおひたしです。

 


控えめの味付けや、素材の良さを生かした味わいと「ホワイト」は好相性! 普段なら和食は緑茶と合わせますが、緑茶ほど渋みを感じないので、すいすいと意識せず飲めるのが印象的でした。

なるほど、まさに「食事をじゃましない」テーブルドリンク。ほかにもサラダやスイーツとの組み合わせも良さそうです。


2種類飲み比べをしてみて、思った以上に色々な料理に合いそうだと感じた『シンビーノ(R)ジャワティストレート』。迷ったときはワインのように、肉料理には「レッド」、魚料理には「ホワイト」を組み合わせてみるのが良いかもしれません。

ちなみに「ホワイト」は「レッド」の誕生から約20年を経て発売されたこともあり、スーパーのドリンク売り場では見かけることがまだまだ少ない商品。気になる人は大塚食品の公式通販ほか、Amazonや楽天市場でも購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。


【おすすめ記事】
「ペットボトル紅茶」人気ランキング! 1位は7割の支持を集めた人気ブランド
【スタバ新作】ちょっと“怪しい”パープルな1杯!? ハロウィン仕様の「紫芋」フラペチーノを飲んでみた
ケンタッキーに“360円お得”な「ハロウィンバーレル」登場! 10月21日から期間限定
プロント『SPY×FAMILY』コラボ第2弾! ドリンク3種&新グッズを10月21日発売
サクサク食感がクセになる! 「牛角ふりかけのり」は常に食卓に置きたい絶品

【関連リンク】
シンビーノ(R)ジャワティストレート ブランドサイト

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応