東海・北陸の高校生が選ぶ「勉強が面白い大学」ランキング! 3位「南山大」、2位「名城大」、1位は?

マイナビ進学総合研究所は、2023年3月卒業予定の高校3年生8276人を対象に実施した「大学認知度・イメージ調査」の2022年版を発表しました。今回は東海・北陸の高校生が選ぶ「勉強が面白い大学」ランキングを紹介します。

マイナビ進学総合研究所は9月5日、「大学認知度・イメージ調査」の2022年版を発表しました。2023年3月卒業予定の高校3年生8276人を対象に、各大学に対する知名度とイメージを調査し、ランキングにまとめたものです。

本記事では、東海・北陸の高校生が選ぶ「勉強が面白い大学」ランキングを紹介します。※かっこ内は回答率 ※ランキング対象は高校生の在住エリアに本部を置く大学のみ

 
名城大学

 

第3位:南山大学(9.0%)

3位は、「南山大学」でした。

名古屋市昭和区に本部を置く私立大学です。宣教師ヨゼフ・ライネルスが1932年に設立した南山中学校(旧制)をルーツとし、2022年現在は8学部、18学科に約9000人が在籍しています。「南山(なんざん)」という大学名は、歌人・李白の春日行や詩経などに散見する「南山」「南山寿」から取っているそうです。

 

第2位:名城大学(11.2%)

2位は、「名城大学」でした。

1926年に開設された「名古屋高等理工科講習所」をルーツとした文理融合型の総合大学です。看板学部である薬学部を含めた10学部26学科(すでに募集停止の2学科を含む)、大学院9研究科に約1万5000人が在籍しています。就職率約99%、卒業生数20万人以上と、中部圏では最大規模を誇る大学です。

 

第1位:名古屋大学(16.4%)

1位には、「名古屋大学」が選ばれました。

1871年に仮病院・仮医学校として設立されて以来、150年以上の歴史を誇る大学です。2022年現在では、9学部・17研究科に約1万6000人が在籍しています。日本のモノづくりを支える人材を多く輩出してきたほか、研究力の高さも国内外から評価されており、これまで6人のノーベル賞受賞者を輩出してきた実績を誇ります。


>次ページ:10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
東海・北陸の高校生に聞いた「学べる内容が充実している大学」 3位 南山大、2位 静岡大、1位は?
東海・北陸の高校生に聞いた「大学認知度」ランキング! 3位 名城大、2位 中京大、1位は?
高校生約11.4万人が選ぶ「大学人気ランキング」 国立2位は「筑波大学」、1位は?
人事担当者から見た「就職力の高い大学」ランキング! 総合2位は名古屋大学、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊藤純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴