カルディvs業務スーパー、台湾グルメ「葱抓餅」ねぎ餅を食べ比べ! その味は?

台湾の夜市や屋台グルメで人気の「葱抓餅(チョンジュアビン)」ねぎ餅。カルディと業務スーパーの冷凍食品として販売されている葱抓餅を食べ比べた感想やアレンジレシピをご紹介します。

台湾で人気の「葱抓餅」

近年SNSでも話題になることが多い、カルディと業務スーパー。どちらも一般的なスーパーには売っていない海外の食品を幅広くそろえている人気のお店です。今回は、カルディと業務スーパーで販売されている台湾の味「葱抓餅(チョンジュアビン)」をご紹介します。
 

台湾で人気の「葱抓餅」とは? 葱油餅とは違う?

食べ歩きが楽しい台湾の夜市。屋台だけでなく店内飲食でも夜遅くまでおいしい台湾グルメを食べることができます。

台湾夜市
台湾グルメが並ぶ夜市


「葱抓餅(チョンジュアビン)」とは?
その中の1つが、今回ご紹介する「葱抓餅(チョンジュアビン)」。葱を入れて薄く伸ばした餅が幾層にも重なったものです。葱抓餅だけで食べてもおいしいですし、中に具を入れて巻いてもおいしくいただけます。

・葱油餅と葱油餅の違いは?
似たような台湾グルメで「葱油餅(ツォンヨゥピン)」がありますが、葱油餅は1枚の餅であるところ、葱抓餅は「抓む(つまむ)」という文字が入っている通り、重ねられている極薄の餅をつまみながら焼き、パリパリに仕上げた料理になります(お店によってはその2つの違いがない場合もあります)。
 

カルディと業務スーパーで売っている葱抓餅の違い

葱抓餅 左:カルディ/右:業務スーパー
葱抓餅 左:カルディ/右:業務スーパー

左がカルディの葱抓餅、右が業務スーパーの葱抓餅で、どちらも冷凍食品です。さっそく比べてみます。
 

・葱抓餅の値段を比較
カルディは1枚110gが3枚入って税込398円なので、1枚あたり132.6円。業務スーパーは120gが5枚入りで税込429円で、1枚あたり85.8円となっています。
 

葱抓餅の温め方の違い
カルディも業務スーパーもパッケージの裏面に温め方が書いてあります。どちらもフライパンでもトースターでも良いとなっていますが、1点違いがあります。カルディはフライパンで焼くときに油が必要となっていますが、業務スーパーのものは油なしで焼くように書かれているのです。

カルディの葱抓餅は油が必要。業務スーパーは油不要
左:カルディの葱抓餅の焼き方/右:業務スーパーの葱抓餅の焼き方

確かに業務スーパーのものはフライパンに油をひいてしまうと、なんとなく油っぽくペチャッとなってしまうので、ここは従うことをおすすめします。
 

・葱抓餅の種類
カルディの葱抓餅はプレーン1種類ですが、業務スーパーはほうれん草、プレーン、バジルの3種類あります。
 

・焼く前の葱抓餅の薄さ

左カルディ 右業務スーパー薄焼き餅
左:カルディの葱抓餅/右:業務スーパーの葱抓餅

焼く前の葱抓餅は、わずかな違いですが、カルディの方が厚みがあり、業務スーパーの方が薄いように思えます。

・焼いた後の葱抓餅の違い

薄焼き餅 カルディと業務スーパー
左:カルディ葱抓餅/右:業務スーパー葱抓餅

焼いた後はカルディの葱抓餅は1枚のもっちりとした感じですが、業務スーパーの葱抓餅は層が分かるサクッとした感じです。詳しい味の感想は後述します。
 

・カルディと業務スーパー葱抓餅カロリーの違い

葱抓餅 ねぎ餅のカロリー
栄養成分表示 左:カルディ/右:業務スーパー

気になるカロリーは、カルディが249kcal、業務スーパーが299kcalとなっていますが、業務スーパーは1枚あたりでカルディが100gあたりで表示されています。カルディは1枚110gなのでこの数値に少し足したもので考えてください。
 

>次ページ:どっちがおいしい? カルディと業務スーパーの葱抓餅

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」