約3割が間違っている「エアコン掃除方法」 秋にやらないとカビが増殖する“正しい”やり方とは?

パナソニックが実施した「秋のエアコン清掃」に関する調査によると、約3割が間違った方法で掃除をしていることが判明しました。同社ではこの結果を踏まえて、パナソニック エアーマイスターの福田風子さんが「秋のエアコンのお掃除方法」を解説しています。

なぜ秋カビが発生してしまうの? 原因とメカニズム

パナソニック エアーマイスターの福田風子さんによると、カビは気温20~30℃、湿度70%以上で最も繁殖しやすく、多くの胞子を作ります。真夏より湿気が多く気温が下がる秋は、カビの繁殖条件と合致しており梅雨どきと似ているのだそう。

暖房稼働時にカビが吹き出してしまうことも……

エアコン内でカビが発生してしまう原因は、フィルターでブロックできないホコリや油分、カビ菌がエアコン内部に侵入してしまうこと。エアコンは室内の空気を取り込み冷やしているため、空中に浮遊しているホコリもエアコン内に取り込んでしまいます。結果、エアコン内にたまったホコリは、カビが繁殖する原因に。
 

エアコンを使った後は冷房使用中に結露した水分がエアコン内部にたまっており、湿気がたっぷりな状況で、カビの成長に適した環境になってしまいます。
 

・暖房稼働時にカビが吹き出してしまうことも……
夏のエアコン稼働時間が長ければ長いほど、エアコン内部に湿気がたまり、カビのエサであるホコリもたくさん付着してしまいます。フィルター部分は掃除機で吸えばケアができますが、エアコンの内部はそういうわけにはいきません。
 

エアコンを掃除せずに放置をしておくと、使用していない秋の間にエアコン内で繁殖したカビが冬の暖房稼働時に吹き出してしまうのだそうです。


>次ページ:正しいエアコンのお掃除&お手入れ方法、3つのポイント
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」