食パンの袋を留める「アレ」捨てるのはもったいない! 「バッグ・クロージャー」の意外な使い道とは?

食パンの袋の口のところに、ちょっと変わった形の留め具が付いています。正式名称は「バッグ・クロージャー」。その特徴的な形から、日常生活で困ったことが起きたときにいろいろと使える便利なものでもあります。そのまま捨てるには惜しい「バッグ・クロージャー」について詳しく見ていきましょう。

食パンの留め具は「バッグ・クロージャー」という名前

食パンの袋の口のところに、ちょっと変わった形の留め具が付いています。昔から知っているけれど、「食パン留めるアレ」で片付けていませんか? 実は「バッグ・クロージャー」という名前なんです。これは生活の中で色々と使える便利なものでもあります。そのまま捨てるには惜しい存在だったのです。

 

コード類の整理に使える

特徴的な形の「バッグ・クロージャー」

「バッグ・クロージャー」は一部に切れ目が入っていて、ものを留めやすくなっています。食パンの袋もそうですが、ある程度の太さがあるものや束になったものの固定がしやすいですよね。

 

「バッグ・​​​​​クロージャー」を使ってイヤホンをまとめる

この性質を使うと、コード類の整理にも役立ちます。例えばイヤホンやスマホの充電ケーブルです。写真はアップルの純正品ですが、まとめて束にするとちょうどよいサイズでした。

 

何のコードなのかが一目で分かるようになる

コードやケーブルに付けておく

「バッグ・クロージャー」は、一部に隙間があってもすぐに外れてしまうことがないので、コードに付けることができます。充電式の家電にはそれぞれ充電コードが付いていたりしますし、家族それぞれがケーブルを使うこともあります。そうすると、やたらケーブルが多くなってしまいますよね。結果、「これ、なんのケーブル?」ということになります。

 

「ケーブル迷子」を防げる

逆に使いたいときに「あれ? どのケーブルだった?」となってしまうので、それを防ぐために「バッグ・クロージャー」を使います。油性ペンで文字を書きこむことができるので、筆者はメーカー名を書いていますよ。

 

セロハンテープの切り口がすぐに分かる

セロハンテープの切り口に貼っておく

テープカッターを使わずにセロハンテープを切ってしまうと、切り口を見失うことがありますよね。なかなか見つからなかったり、見つかってもきれいに剝がせなかったりします。そんなときこそ「バッグ・クロージャー」の出番。テープの切り口に貼っておくだけでよいのです。テープの乾燥を防ぐこともできるので、一石二鳥です。
 

食パンの口を留める「バッグ・クロージャー」は、その特徴的な形から今回紹介した方法だけではなく、もっといろいろな使い道がありそうですよね。日常生活で困ったことが起きたときに、ふと「バッグ・クロージャー」の存在を思い出すと、問題解決になるかもしれません。
 

【おすすめ記事】
「前日の焼き直しがある」「使ってる小麦ほぼ同じ」元バイトだから知っているパン屋の裏知識
「地元で人気のパン屋でのバイト初日、倉庫に案内されて…」バイトをして知ったパン屋の裏側
「食パンにつけるもの」ランキング! 第2位「バター」を抑え、第1位に輝いたのは……?
食パンの「1本」と「1斤」どっちが大きい? 知っているようで知らない「パン用語」
山崎製パンの「好きな食パン」ランキング! 3位「超芳醇」、2位「ロイヤルブレッド」、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても