おいしいけど正直「高いな」と思う「ご当地ラーメン」ランキング! 2位 札幌ラーメン、1位は?

All About編集部は8月29日~9月2日、全国10〜60代の男女500人を対象に「ご当地ラーメン」に関するアンケート調査を実施しました。その調査結果から、今回はおいしいけど正直「高いな」と思う「ご当地ラーメン」ランキングを発表します!


地方ごとの素材や味わいが生かされた「ご当地ラーメン」。その味を確かめるためにわざわざ現地まで出向くファンも後を絶ちません。

All About編集部は8月29日~9月2日、全国10〜60代の男女500人を対象に「ご当地ラーメン」に関するアンケート調査を実施しました。その調査結果から、今回はおいしいけど正直「高いな」と思う「ご当地ラーメン」ランキングを発表します!


>14位までの全ランキング結果を見る
 

第3位:長崎ちゃんぽん(長崎県)37票

3位は長崎県長崎市のソウルフード、「長崎ちゃんぽん」がランクイン。

回答者からは「お店にもよりますが、具がたくさん入っているので(40代女性/茨城県)」「野菜もとれていいが、その分値段が高いイメージ(20代女性/愛知県)」「色々な具が入っていておいしいが高いため(20代男性/千葉県)」「具沢山なので少し高めになってしまうのかなと思います(40代男性/和歌山県)」「野菜がふんだんに入っているので、やはり普通のラーメンよりは割高印象(50代女性/埼玉県)」など、たっぷりの野菜など具だくさんな分、値段も高いという印象から票が集まりました。

他にも「観光客価格になっている(40代女性/北海道)」「長崎中華街の料金は少し高いと思う(20代女性/秋田県)」「観光地価格で高いです(50代女性/滋賀県)」など、観光地ゆえの割高さもあるようです。
 

第2位:札幌ラーメン(北海道)67票

2位は豊富なトッピングやバリエーションが魅力の「札幌ラーメン」。

回答者からは「具材が豪華すぎました(30代女性/埼玉県)」「豪華で深い味わいですが、高級なイメージがあります(40代女性/福岡県)」「海の幸がたくさん入っていて豪華だからです(30代女性/大阪府)」「沢山の具が入っているので贅沢な感じがする(40代女性/兵庫県)」「贅沢な感じがする(50代女性/千葉県)」「魚介類高そうです(40代女性/和歌山県)」など、豪華なトッピングによって割高の印象を持っている回答者が多く見られました。

また、「観光地の為、値段が高いと思います(50代女性/神奈川県)」「お店によると思うのですが、場所によってはちょっと高すぎるのではないか、という観光地価格のものがあるので(50代女性/東京都)」「旅費を考慮すると高い(40代男性/富山県)」「美味しいけど、旅費が高くつくから(40代男性/神奈川県)」「美味しいけれど、現地でも物産展でも色んなコストが高くなるから(40代女性/京都府)」など、観光地価格や交通費なども考慮したコメントも寄せられました。
 

第1位:横浜家系ラーメン(神奈川県)81票

最も票を集めたのは豚骨しょうゆベースのこってりスープが特徴の「横浜家系ラーメン」でした。

回答者からは「美味しいけど、増していくと値段が上がっていき、そもそも量も多すぎて食べきれないから(30代女性/大阪府)」「色々盛りすぎて食べきれないと思うの(50代女性/群馬県)」「ボリュームはあるけど割高に感じます(40代男性/福岡県)」「いろいろ乗ってるのでしょうがない 毎日は無理(50代男性/新潟県)」「量が多い分高い(30代女性/広島県)」など、ボリューミーさゆえに値段が高く感じるというコメントが多く見られました。

他には「やはり都市部のラーメンは高いと思います(40代女性/和歌山県)」「地価や賃貸料が高いせいか、それが料金に反映されている気がする(30代女性/東京都)」「都心で食べると余裕で1000円超えているからです(30代女性/大阪府)」「首都圏に近いところは高いお店が多い(30代女性/北海道)」など、都心に近いと価格が高いという意見も多く寄せられました。
 


>14位までの全ランキング結果を見る

 


※回答者のコメントは原文ママです
 


【おすすめ記事】
コスパがいいと思う「ご当地ラーメン」ランキング! 3位 横浜家系ラーメン、2位 博多ラーメン、1位は?
一生に一度は食べたい「ご当地ラーメン」 3位 富山ブラックラーメン、2位 長崎ちゃんぽん、1位は?
わざわざ現地まで食べに行きたい「ご当地ラーメン」! 2位「博多ラーメン」に大差をつけた1位は?
好きな「ご当地ラーメン」ランキング 3位 長崎ちゃんぽん、2位 博多ラーメン、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは