福井・敦賀「中華そば 一力」が新横浜ラーメン博物館に! 屋台からはじまり世界が認めたラーメン

新横浜ラーメン博物館(ラー博)は2024年に迎える30周年に向けて、7月1日から「あの銘店をもう一度」プロジェクトをスタート。過去に出店したことのある約40店舗の銘店が2年間かけ3週間のリレー形式でラー博に出店します。第4弾(9月2~22日)は福井・敦賀「中華そば 一力」が出店。

新横浜ラーメン博物館(ラー博)は2024年に迎える30周年に向けて、7月1日から「あの銘店をもう一度」プロジェクトをスタート。過去に出店したことのある約40店舗の銘店が2年間かけ3週間のリレー形式でラー博に出店します。第4弾(9月2~22日)は福井・敦賀「中華そば 一力」が出店(画像はすべて提供)。
 

「中華そば 一力」地元で知らない人はいない銘店

福井・敦賀「中華そば 一力」の中華そば

同プロジェクト第4弾となる福井・敦賀「中華そば 一力」は、地元で知らない人はいないほどの銘店。2008年5月18日~2009年2月28日の間、ラー博の企画「みんなのふるさとラーメン」にて敦賀のラーメンを代表する老舗として出店していました。
 

敦賀のラーメンは昭和20年代後半に、京都方面から来た屋台が国鉄敦賀駅前で営業したことが始まりとされています。その後、屋台が次々に開業し、約10軒の屋台が駅前に集い、駅に降り立つ乗客や国鉄職員のお腹を満たしていました。

敦賀のラーメン街道の様子(2007年撮影)
敦賀のラーメン街道の様子(2007年撮影)

「中華そば 一力」の創業は1958年。製粉会社に勤めていた創業者・菅井幸二さんが、当時2万円で売り出していた屋台を購入し、脱サラしたことに始まります。徐々に評判となり、開業5年後には行列のできる屋台となりました。

2代目菅井宏治さん、創業者の菅井幸二さん夫妻(2008年撮影)
2代目菅井宏治さん、創業者の菅井幸二さん夫妻(2008年撮影)

その後、国鉄敦賀駅前に屋台を固定すると、瞬く間に人気店となり、屋台が到着する前から行列ができるほどに。1977年には敦賀市役所の並びに店舗を構えることとなりました。その後、フレンチ出身の2代目・菅井宏治さんが店を継ぎ、創業者亡き後、研究を重ねさらに進化を遂げています。
 

「中華そば 一力」のラーメンとは

中華そば一力の中華そば

豚骨・鶏ガラをベースとしたとんこつ醤油スープは、屋台時代の特注寸胴で作り上げます。鶏と豚の脂がまじりあい黄金色にキラキラと輝く「黄金スープ」が特徴です。あっさりとしており、最後まで飲み干せる味わい。
 

麺は多加水熟成ウェーブ麺。北海道産超強力小麦ゆめちからをベースに中力粉などをブレンドした「穂のちから」を使用しています。ラー博で提供する麺は、敦賀より直送するとのことです。
 

具材は、チャーシュー、メンマ、ネギに、彩を添える紅ショウガ。そして屋台時代から60年以上変わらぬインパクトを与える「胡椒」。また食べたくなる大切なアクセントになっています。
 

「ミシュランガイド北陸2021特別版」に掲載

現在の同店のラーメンは2008年の当館出店時から、さらに使用食材を増やし、改良が加えられ、より奥深い味わいに進化。2021年5月には、富山、石川、福井3県を対象とした『ミシュランガイド北陸2021特別版』に本店が掲載されました。その“世界が認めたラーメン”を求め、県内外から多くのお客さんが訪れています。
 

「あの銘店をもう一度」第5弾は静岡・伊豆「あまからや」が出店予定です。

 

「あの銘店をもう一度」情報

期間:2022年7月1日~約2年間(各店舗約3週間)
場所:新横浜ラーメン博物館
期間中出店数:約40店舗(現店舗除く)
第3弾:埼玉「頑者」8月12日~9月1日
第4弾:福井「中華そば 一力」9月2日~9月22日
第5弾:静岡・伊豆「あまからや」9月23日~10月13日
URL:https://www.raumen.co.jp/

 

【おすすめ記事】

魚粉たっぷりの「つけ麺」スタイルを確立! 川越「頑者」が新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店
新横浜ラーメン博物館「あの銘店をもう一度」プロジェクトが7月1日始動! トップバッターは和歌山「井出商店」
新横浜ラーメン博物館の楽しみ方を徹底解説! おすすめメニューは?
新横浜ラーメン博物館が「冷凍ラーメン」発売! 第1弾は「淺草 來々軒」お店の味そのまま【実食レポ】
ラー博が新事実を発表!室町時代にラーメンが存在していた!

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応