野菜はそのまま冷凍しても大丈夫? 間違えがちな冷凍方法を管理栄養士に聞いてみた

野菜を冷凍しようと思った場合、どのように保存するのが正しいのでしょうか? 全国500人を対象に実施した「野菜の冷凍保存」に関するアンケート結果と合わせて、All Aboutの管理栄養士/実践栄養ガイド平井千里さん聞いた「間違った/正しい魚の冷凍保存方法」を紹介します!

野菜はそのまま冷凍しても大丈夫? ダメ?

野菜を冷凍しようと思った場合、どのように保存するのが正しいのでしょうか? フリーザーバッグに入れる、タッパーに入れる、密閉容器に入れる、などなど。迷いますよね。
 

今回はAll About編集部が全国500人を対象に実施した「野菜の冷凍保存」に関する調査結果と合わせて、All Aboutの管理栄養士/実践栄養ガイドで、実践に即した栄養情報を発信している平井千里さん聞いた「間違った/正しい野菜の冷凍保存方法」を紹介します!
 

500人に調査! 野菜はどのように冷凍保存している?

8月4~5日、インターネット上で全国500人に「野菜の冷凍方法」について聞いたところ、最も多かったのは「フリーザーバッグ」(38.6%)。次いで「ラップ+フリーザーバッグ」(7.8%)、「ラップ」(7%)、「パックトレイのまま」(4.2%)と続いています。36.6%については、「冷凍しない」と回答しました。
 

少数派の意見として、「その他」で「そのまま冷凍保存」や「ビニール袋に入れて冷凍している」といった声もありました。
 

この中で正しい/間違っている野菜の冷凍方法はどれでしょうか? All Aboutの管理栄養士/実践栄養ガイドの平井千里さんに伺いました。
 

ラップやフリーザーバックなどを使って冷凍するのがおすすめ

平井さん:野菜を冷凍保存をする際には、空気に触れないように保存することが大切です。そういった意味では、ラップやフリーザーバックなどを使って空気を抜いて保存するのは正解と言えます。

ラップやフリーザーバックなどを使って冷凍する

野菜に関しては、下ごしらえをしたものをラップなどで空気に触れないようにして冷凍保存するのが◎です。ほうれん草や小松菜などの葉物野菜、ブロッコリーなどは、軽く茹でてからラップなどに包んで冷凍すると、保存性が高まるものもあります。

軽く茹でてからラップなどに包んで冷凍すると、保存性が高まる

茹でた後は、粗熱をとり、キッチンペーパーなどでしっかり水分を取り除いてから、ラップやフリーザーバックに入れてください。
 

また、香味野菜など薬味として使う野菜は、薬味として使う大きさにきざんで(すりおろして?の場合もあるかもしれませんね)、ラップに1回分ずつ包んでおくと、重宝します。

水分の多いトマトなどは家庭での冷凍には不向き

ただし水分の多いレタスやトマト、人参や大根、ゴボウなどの根菜類は家庭で冷凍には不向きな野菜ですので、これらの食品は冷凍しないで、早めに食べきるようにすることをおすすめします。


【おすすめ記事】
お肉は買ってきたパックのまま冷凍してはいけない? 間違えがちな冷凍方法を管理栄養士に聞いてみた
魚は買ってきたパックのまま冷凍しても大丈夫? 間違えがちな冷凍方法を管理栄養士に聞いてみた
「洗濯機」を使っていないとき、フタは開けっ放しではダメ? 家電のプロに正しい情報を聞いてみた
洗濯機はドラム式と縦型、結局どっちがいいの? 家電のプロに聞いてみた
エアコン「28℃設定」「つけっぱなし運転」はダメ? 多くの人が“誤解している”節電方法とは
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない