『石子と羽男』第4話 弱さを見せ合う朝焼けシーンに反響「神回」「良すぎた」めるる名演技に驚きの声も

8月5日に放送されたドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)第4話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります(画像出典:『石子と羽男』公式サイト)。

中村倫也さん、有村架純さんの名バディぶりが魅力のドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)。8月5日に放送された第4話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。

 

石子と羽男
画像出典:TBS『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』公式サイト

 

第4話のおさらい

潮法律事務所に堂前絵美(趣里)から弁護の依頼が舞い込みます。妹の一奈(生見愛瑠)が運転する電動キックボードにぶつかって転んだ新庄隆信(シソンヌ・じろう)が、帰宅後に容体が急変し、警察がひき逃げ事件として捜査。一奈が逮捕されてしまったのだといいます。
 

一奈から「すぐに男性に駆け寄った」と聞いた石子(有村架純)と羽男(中村倫也)は示談の可能性を探るも、新庄の妻はひき逃げを主張。羽男は裁判で、姉で検事の優乃(MEGUMI)と争うことになりました。
 

救護義務を怠ったか否かが争点になるも、ぶつかった直後の対応について一奈と新庄の主張は真っ向から対立。どちらが嘘をついているかが解決の鍵となります。優乃は臨機応変に答弁ができない羽男に「弁護士やめたら」と告げ、羽男はその言葉にうちのめされます。そんな羽男をそっと気遣い、飲みに誘って「相棒としての交流」を深めようとする石子。
 

羽男もまた石子を飲みに誘い、記憶力だけで司法試験に受かり弁護士になっただけの自分には弁護士としての自信がないと吐露。4回も落ちている石子は、「受かったら弁護士。それだけで自信を持っていい」と励まします。
 

石子と羽男は真相を探るため、事故当日の目撃者探しに奔走。事故当日に、酔っていた新庄が闇カジノ帰りだったことを突き止めます。絵美も毎日、事故現場に立って目撃者探しのビラ配りを行った結果、事故現場に止まっていたトラックのドライブレコーダーの映像を入手。そこには事故発生直後、すぐさま新庄に駆け寄る一奈の姿が映されており、一奈の主張が正しかったことが証明されたのでした。

 

石子と羽男
画像出典:TBS『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』公式サイト

 

石子と羽男が自分の弱さをさらけ出す朝焼けシーンが話題

言い合いをしながらも力を尽くして弁護依頼に対応する石子と羽男。回を重ねるごとに相棒としての信頼感を深めていく2人の姿を、石子に密かに想いを寄せるアルバイトの大庭(赤楚衛二)は複雑な心境で見つめます。
 

Twitterでは「朝焼けの外階段でクラフトビール飲みながら、ふたりが自分の弱さをさらけ出すシーンが最高だった!」「主題歌と絵美の涙と石子の説明のタイミングが完璧だった。これは泣く…。朝焼けの中の石子と羽男も良すぎた。今回とくに神回」「羽男をいつも上から目線でバカにする姉に嫌味をこめた石子の台本通りの羽男のセリフにスカッとした。最後、優乃は羽男に何を言いに来たのか」「趣里さんとめるるの姉妹愛に泣いた。めるる演技も良いな」「めるるの演技初めて見たけど、自然に溶け込んでてよかった。演技お上手」などの声が上がっています。
 

次回のテーマはご近所トラブル。そば店の塩崎(おいでやす小田)が潮法律事務所に相談にやってきます。叔父・重野(中村梅雀)と隣人・万寿江(風吹ジュン)の隣家同士のいさかいがよもやの展開に……? そんな折、石子が突然腹痛を訴え病院に担ぎこまれて――。気になる第5話は8月12日放送です。
 

『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』第5話 8月12日放送予告



【おすすめ記事】
『石子と羽男』第3話 “ファスト映画”をめぐる井之脇海×でんでんのラストシーンに反響「ガツンときた」「辛いが納得いく結末」
『石子と羽男』第2話 “親ガチャ”に対する名言&名対応に共感と感動の声「グッときた」「石子に禿同」
『石子と羽男』第1話 中村倫也の早口長セリフにネット熱狂「すでにいいコンビ」「全員魅力的」の声
有村架純、マネージャー撮影の自然体でかわいすぎる姿! 『石子と羽男』スタート日の「いつかの架純氏」
夏ドラマ期待度ランキング! 2位は『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』、1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化