2022年「フジロック2日目で注目しているアーティスト」3選! 「ORANGE RANGE」、他は?

All About編集部は7月11~21日、全国の男女243人を対象に「フジロック」についてのアンケート調査を実施。今回は「フジロック2日目で注目しているアーティストは?」のアンケート結果を発表します。

2022年7月29日から31日まで、日本を代表する音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL '22」が開催されます。国内外から数多くのアーティストが集結し、新潟県・苗場スキー場の大自然の中でパフォーマンスを繰り広げる、まさに“奇跡の3日間”。2022年は3年ぶりに海外アーティストが数多く参加するということもあり、期待は高まるばかりです。

そこでAll About編集部は7月11~21日、全国の男女243人を対象に「フジロック」についてのアンケート調査を実施しました。今回は「フジロック2日目で注目しているアーティストは?」のアンケート結果を発表します。

「FUJI ROCK FESTIVAL '22」の主な出演アーティスト(出典:オフィシャルサイト

 

田島貴男

田島さんは主にソロユニット「オリジナル・ラブ」のボーカルとして活動。唯一無二のソウルフルな歌声を武器に、長年にわたり人気を集めてきました。2021年にはデビュー30周年を記念し、初のオフィシャル・カバーアルバム『What a Wonderful World with Original Love? 』をリリース。椎名林檎や斉藤和義、Yogee New Wavesといった錚々たるメンバーが参加しており、田島さんの音楽シーンにおける影響力の大きさが伝わってきます。

今回のアンケートでは「歌い方が好き」(東京都 女性)、「お洒落で大人なサウンド」(岡山県 女性)と、音楽性の豊かさを理由に挙げる声が見受けられました。

田島さんは「PYRAMID GARDEN」に出演予定。また7月29日には、「オリジナル・ラブ」名義で「GREEN STAGE」への出演も予定しています。
 

東京スカパラダイスオーケストラ

「東京スカパラダイスオーケストラ」は1989年にアルバム『東京スカパラダイスオーケストラ』でデビュー。ジャマイカ生まれの“スカ”という音楽をベースにしながら、そこに独自のアレンジを加えた“トーキョースカ”というスタイルで活動しています。その楽曲・パフォーマンスは海外での評価も高く、2013年にはアメリカで行われる世界的音楽フェス「Coachella Valley Music and Arts Festival」に出演。日本人アーティストとして初めてメインステージに登場しました。

回答理由では「見ていると元気になります」(埼玉県 女性)、「その場の雰囲気ともあいまって楽しそう」(東京都 女性)と、明るい音楽性に注目する声が目立ちました。

「東京スカパラダイスオーケストラ」はFUJI ROCK FESTIVAL最大のステージ「GREEN STAGE」に登場する予定です。
 

ORANGE RANGE

「ORANGE RANGE」は2001年に結成された沖縄県出身の5人組ロックバンド。2003年にシングル『キリキリマイ』でメジャーデビューを果たしました。以降も『上海ハニー』『ロコローション』『花』など数多くのヒット曲をリリース。2021年には結成20周年を迎えました。

「夏といえば、ORANGE RANGEさんの曲がパッと思い浮かびます。野外フェスでも盛り上がること間違いなし」(大阪府 女性)、「フェス向きなアーティストなので、絶対楽しいステージになると思う」(岩手県 女性)など、アップテンポな楽曲で盛り上がりたい人から支持を集めたようです。

「ORANGE RANGE」は「GREEN STAGE」に登場する予定です。

【おすすめ記事】
2022年「フジロック1日目で注目しているアーティスト」ランキング! 2位「清春」、1位は?
2022年「フジロック3日目で注目しているアーティスト」3選!「ずとまよ」「マカえん」、あと1組は?
「過去10年フジロック歴代ヘッドライナーで好きなアーティスト」3選! 「King Gnu」、他は?
Z世代が好きな音楽フェスランキング! “フジロック”を超えた1位は?【約500人調査】

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在