リクルートが運営する「じゃらんリサーチセンター」は7月12日、「じゃらん宿泊旅行調査 2022」を発表しました。全国1万4123人を対象に、各都道府県のさまざまな魅力を調査し、ランキング形式でまとめたものです。

今回は、「地元の人のホスピタリティを感じた都道府県」ランキングを紹介します。※調査対象は2021年4月〜2022年3月に国内宿泊旅行をした人

 

第3位:北海道(36.1pt)

3位は、「北海道」でした。

東北地方に当てはめてみると、北は下北半島、南は新潟県付近まですっぽりと収まってしまうほど広い北海道は、数日ではとても回り切れないほど。札幌や石狩、千歳、函館、帯広、釧路など魅力的な観光エリアがたくさんあるため、しっかりと計画を立てて訪れたい地域ですね。

 

第2位:愛媛県(36.8pt)

2位には、「愛媛県」がランクイン。

ミカンの産地としても有名な愛媛県は、観光で訪れるなら「道後温泉」は外せないスポットではないでしょうか。日本三古湯の1つにも数えられる温泉エリアで、その歴史は紀元前にまでさまのぼるともいわれています。また松山城や大洲城など、古城巡りも魅力的です。

 

第1位:沖縄県(46.6pt)

1位は、「沖縄県」でした。

今回で17回目の1位を獲得した沖縄県は、宿泊施設や観光施設をはじめ、街の居酒屋や各種アクティビティ体験時でも親切にしてもらったというコメントが多かったようです。世界遺産に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」には「首里城跡」や「中城城跡」などが含まれており、沖縄県に訪れたら必ず立ち寄ってみたい場所でしょう。


>次ページ:10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
1万4123人が選ぶ「旅行満足度の高い都道府県」ランキング! 3位 三重県、2位 沖縄県、1位は?【2022年】
「地元ならではのおいしい食べ物が多かった県」ランキング! 2位「石川県」、1位は?【2022年】
「魅力的な宿泊施設が多かった都道府県」ランキング! 11回目の1位を獲得したのは? 【2022年】
「子どもが楽しめるスポットや施設が多い都道府県」ランキング! 2位「沖縄県」、1位は?【2022年】


【関連リンク】
プレスリリース