リクルートが運営する「じゃらんリサーチセンター」は7月12日、「じゃらん宿泊旅行調査 2022」を発表しました。全国1万4123人を対象に、各都道府県のさまざまな魅力を調査し、ランキング形式でまとめたものです。

今回は、「子どもが楽しめるスポットや施設が多い都道府県」ランキングを紹介します。※調査対象は2021年4月〜2022年3月に国内宿泊旅行をした人

 

第3位:和歌山県(34.2pt)

3位は「和歌山県」でした。

和歌山県は、「子ども未来課」を設置したり、市町村区の子育て支援を取り組みや施設別で一覧できるページを設けたりと、子ども向け政策にも積極的な県。海や山、歴史ある無人島など、子どもがのびのびと遊べる場所も多く、中には全国でも珍しいウミガメの産卵スポットもあります。

 

第2位:沖縄県(39.4pt)

2位には、「沖縄県」がランクイン。

国内有数の観光・レジャースポットとして名高い沖縄県には、子どもと一緒に楽しめるスポットがたくさんあります。亜熱帯植物を鑑賞できる遊覧船や水牛車などを楽しめる「ビオスの丘」や「ナゴパイナップルパーク」など、南の島ならではの特別な体験が魅力です。沖縄アイスの老舗「ブルーシールアイスクリーム」のアイスバーが作れる体験施設もあります。

 

第1位:千葉県(46.9pt)

1位は、17年連続で「千葉県」が獲得!

東京都とも隣接しており、交通アクセスも良い千葉県は、年間を通して人気のエリアです。「鴨川シーワールド」や「マザー牧場」など、房総半島の豊かな自然を生かしたスポットも多く、子どもも大人も楽しめる魅力があります。宿泊施設への評価も高く、子ども連れでもゆっくりくつろげます。


>次ページ:10位までのランキング結果を見る


【おすすめ記事】
1万4123人が選ぶ「旅行満足度の高い都道府県」ランキング! 3位 三重県、2位 沖縄県、1位は?【2022年】
「地元ならではのおいしい食べ物が多かった県」ランキング! 2位「石川県」、1位は?【2022年】
「魅力的な宿泊施設が多かった都道府県」ランキング! 11回目の1位を獲得したのは? 【2022年】
2022年 関西の人気観光地満足度ランキング! 3位「ユニバーサルシティ」、2位「白浜温泉」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース