大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<滋賀県版>」を発表しました。

滋賀県に住む20歳以上の男女6880人を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は4年連続で「草津市」。2位は「守山市」、3位は「大津市」が選ばれました。

このランキングは、滋賀県の居住者を対象に、2019年~2022年の回答者数50名以上の自治体をランキング対象として集計しています。

滋賀県守山市から見た琵琶湖大橋

 

3位は自然や歴史・文化が魅力の「大津市」

「大津市」は、比良・比叡の山々や琵琶湖などの自然に恵まれた県庁所在地。市内には、世界文化遺産の比叡山延暦寺をはじめとする歴史的建造物が多く残されています。一方で、京都や名古屋、大阪方面へのアクセスが良い点も魅力の1つ。近年では若い世代の転入者が増加しているようです。

 

2位はのどかな田園都市である「守山市」

「守山市」は、市域のほとんどが平地で、半分が農地という自然豊かな地域。また、市内各地でゲンジボタルが飛翔する美しい水環境、琵琶湖や比良・比叡の山並みを望む美しい景観を持っています。一方で、JR琵琶湖線守山駅から新快速を利用すれば、京都駅までは約30分、大阪駅までは約1時間でアクセス可能。交通利便性にも恵まれています。

 

1位は交通の利便性が高い「草津市」

県の南西部に位置する「草津市」。県庁所在地の大津市に次ぐ県内第2の人口を有しています。古くから東海道と中山道の分岐・合流点であり、現在もJR琵琶湖線や国道1号、名神高速道路など、交通の要衝地として発展。今なお人口が増加し続けている、元気で活力が溢れる街です。


>7位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
滋賀県民が選ぶ「住みたい街(駅)」ランキング! 3位「大津駅」、2位「南草津駅」、1位は?
兵庫県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「西宮市」、1位は?
奈良県民が選ぶ「住みたい街(駅)」ランキング! 3位「学園前駅」、2位「大和西大寺駅」、1位は?
奈良県民が選ぶ「住みたい街(駅)」ランキング! 2位「梅田エリア」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース