「飲み会の時の俺」「自分を見ているよう」犬見知りを発動した柴犬に共感の声続々【飼い主さまに取材した】

7月3日に、柴犬ゆきちゃん(@n0qTVdKQKf4r0Qt)さんが投稿したツイートが反響を呼んでいます。「ドッグランで犬見知り発動しちゃってずっと1人…」といったコメントとともに投稿されたのは、柴犬(ゆきちゃん)がドッグランにたたずんで「犬見知り」を発動している動画です。

7月3日に、柴犬ゆきちゃん(@n0qTVdKQKf4r0Qt)さんが投稿したツイートが反響を呼んでいます。

「ドッグランで犬見知り発動しちゃってずっと1人…」といったコメントとともに投稿されたのは、柴犬(ゆきちゃん)がドッグランにたたずんで「犬見知り」を発動している動画。周りのワンちゃんたちが楽しそうに駆け回る中、1人ぽつんと静止し、周囲の様子をうかがっている様子です。
 

「うちの子もです笑笑」「わんちゃんも人間と同じ世界なんだ。。なんだかグッと来ました。一緒に頑張ろう!」などのコメントや、「飲み会の時の俺じゃん」「あ、これ私だ。。。」「ぼっち現場の俺やん」など人見知りの人々からの共感の声が多数寄せられていました。「いいね」は14万7000件、再生回数は357万回を超えるほどの話題を呼んでいます(7月5日時点)。

All About編集部では柴犬ゆきちゃんさんを取材し、今回の投稿について詳しいお話を伺いました。
 

まるで人間のような佇まい。成長してから「犬見知り」に

――ゆきちゃんは今回がはじめてのドッグランでしたでしょうか? このあとは場所や他のワンちゃんたちになじんで楽しく遊ばれていましたか?

柴犬ゆきちゃんさん:ドッグランは小さい頃から何度も行ったことがあります。昔はよく走っていたのですが、大きくなってからは1人でたたずむことが増えました。この動画のあともなかなかなじめずでした……。私と母で一緒に走ってみたのですが「一瞬走る→固まる」の繰り返しでした。


――飼い主さまと遊ぶときなどはいつももっと活発なのでしょうか?

柴犬ゆきちゃんさん:私とお家で遊ぶときは活発です! また、近所の仲良しの柴友と会うとこの動画とは別人のように、しっぽをブンブン振って自分から遊ぼう遊ぼう、という風にいきます。


――そうなのですね! では、ドッグラン以外でも「犬見知り」をしてこのような状態になることはあるのでしょうか?

柴犬ゆきちゃんさん:ドッグラン以外ですと、お散歩中やドッグフェスなどでも犬見知り発動してました。基本初対面の犬とは仲良くなれないタイプで何度か会って遊ぶことによって少しずつ仲良くなることが多いです。


――「飼い主に似る」ともよく聞きますが、飼い主さまも人見知りであるなど、似ていると感じるところはありますでしょうか?

柴犬ゆきちゃんさん:若干あるかもしれません……。でもゆきちゃんが家族の中で1番好きなお父さんは人見知りとは真逆のフレンドリー人間なのでお父さん似ではなさそうです。


――今回のツイートの反響をどう感じておりますでしょうか?

柴犬ゆきちゃんさん:こんなに反響がくるとは思ってなかったので正直びっくりしています。たくさんの共感の声をいただけてうれしい限りです。またリプ欄では犬種問わずさまざまな犬見知りちゃんたちの動画や写真が寄せられていて、とてもかわいいです。


成長につれて犬見知りになってきたことや、初対面の犬とは少しずつ仲良くなれる点など、人間と同じようで愛おしいですよね。フレンドリーな人間のお父様が好きなのも、自分からはグイグイいけない性格が関係しているのかもしれません。

柴犬ゆきちゃんさんのTwitterでは、ほかにもゆきちゃんの日常を切り取ったほっこりする投稿を見られます。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。


>次ページ:柴犬ゆきちゃん(@n0qTVdKQKf4r0Qt)さんのかわいい投稿をもっと見る


【おすすめ記事】
「めっちゃ真剣に見てるわ」チラシを吟味するかわいすぎる赤ちゃん、他にも大人顔負けの行動をしていた【親御さんに取材】
「クラシルみたいに作りました」ねるねるねるねの料理動画が大反響! 作者に取材したらまさかの一発撮りだった!
「写真かと思った」「レベルが人智を超えとる」リアルすぎるニンテンドー3DSの絵に25万超のいいね! 作者に話を聞いた
「いつでも逃げていいんだよ」非常口の中のヒトが飛び出すアートが話題。着想のきっかけや込められたメッセージを取材した
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在