【無料】ネットで読める「大正時代」の絶版資料5選。平塚らいてう『青鞜』、カメラ雑誌も【国会図書館】

「個人送信」を開始した、国立国会図書館。絶版などの理由から入手しにくい貴重な資料約153万点をオンラインで閲覧できます。手軽に幅広い時代の作品を閲覧できるのが魅力です。そこで、個人送信で読める「大正時代」の絶版資料の一部を紹介します。(画像出典:各公式サイト及びオンライン書店より)

2022年5月19日から「個人向けデジタル化資料送信サービス」(個人送信)を開始した、国立国会図書館。著作権法の一部を改正する法律(令和3年法律第52号)によって、絶版などの理由から入手しにくい貴重な資料約153万点をオンラインで閲覧できます。

手軽に、幅広い時代の作品を閲覧できるのが魅力です。そこで本記事では、個人送信で読める「大正時代」の絶版資料の一部を紹介します。
 

(1)『三田文学』

『三田文学』No.148(2022年冬季号)表紙絵(画像出典:『三田文学』公式サイト

『三田文学』は1910年に創刊された、慶應義塾大学ゆかりの文芸雑誌。現在も刊行されており、数々の作家を輩出してきました。森鷗外や谷崎潤一郎、芥川龍之介といった作家が寄稿しています。

大正7年(1918年)の『三田文学. 第1期. 9(7)』では、芥川龍之介自身による『地獄変』についてのコメント(手紙)も掲載しています。小説ではなく、人間性が垣間見られる貴重な文章です。また、同年に『三田文学. 第1期. 9(9)』にて『奉教人の死』を発表しています。
 

(2)『感情装飾』

『感情装飾』(画像出典:ボヘミアンズギャラリー

大正から昭和にかけて活躍し、1968年にはノーベル文学賞を受賞した作家・川端康成。大正15年(1926年)に発表された『伊豆の踊子』も、代表作の1つです。

大正15年に『感情装飾』といった掌編小説の作品集を刊行しており、個人送信で閲覧できます。1つ1つの物語が短く、手軽に読めるのがうれしいポイントです。
 

(3)『カメラ』

北原白秋の弟が創立した、アルスによる雑誌『カメラ』。大正10年(1921年)に創刊され、戦前にかけて刊行されていました。大正は、アマチュア写真家が増えた時代です。

そのような中でアマチュア向けのお役立ち情報などを掲載し、数多くの写真家を輩出しました。当時の風景や建物、人物の写真も掲載されており、楽しみながら閲覧できます。
 

(4)『赤い鳥』

『赤い鳥』1巻1号「お馬の飾」(画像出典:鈴木三重吉と「赤い鳥」の世界

『赤い鳥』は1918年(大正7年)に鈴木三重吉によって創刊され、1936年(昭和11年)まで続いた児童雑誌です。日本の児童文学・教育に多大な影響を及ぼしました。

芥川龍之介も発表の場として、『蜘蛛の糸』や『犬と笛』などを寄稿。最後に寄せられた作品は『アグニの神』(大正10年)であり、1921年2月号で確認可能です。北原白秋が童謡を担当しており、数多くの作品を閲覧できます。
 

(5)『青鞜』

『青鞜』(せいとう)は1911年(明治末期)から 1916年(大正5年)まで続いた、婦人月刊誌。女性解放運動のパイオニア・平塚らいてう(らいちょう)を中心として、創刊されました。

日本初の女性のための文芸誌であり、「元始女性は太陽であつた」という創刊号のフレーズが有名です。巻頭で、与謝野晶子による「そぞろごと」という詩を確認できます。


以上、インターネットで無料で読める「大正時代」の絶版資料をピックアップしました。なお、サービスを利用するには利用者登録(本登録)を行う必要があります。本人確認書類などの提出も必要。登録完了には数日間かかりますので、見たいと思ったときにすぐに利用できるよう、予めの本登録をおすすめします。


【おすすめ記事】
『8時だョ!全員集合』の台本も! 「国立国会図書館」153万点の絶版資料をオンライン無料公開スタート
【無料】ネットで読める「明治時代」の絶版資料5選! 風刺・グルメ誌やロマン主義文学も【国会図書館】
【無料】ネットで読める「昭和」の絶版資料5選! 写真雑誌や主婦向け雑誌がエモい【国会図書館】
【2021年 ベストビジネス本】経営者兼、読書家のライターが選ぶ! 2021年読んでよかったベスト本3選
【2021年 ベストミステリー小説】読書家ライターが選ぶ! 2021年ベスト本4選
Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 意外と知らないグルメのひみつ

    【何食べ】シロさんのビーフシチュー・サラダ・明太子ディップを作ってみたら、クリスマスに最適すぎた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「義務教育は無償」なはずでは? 保護者から徴収したPTA会費で「学校に物品寄贈」の問題点

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    “糸引きマフィン”騒動に学ぶ、個人商店が問題を起こしたときに「絶対やってはいけない」こと

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    2023年8月末開業「BRTひこぼしライン」乗車リポ! 列車からバスに対面で乗り換え、線路跡の専用道へ