日本郵便「クリックポスト」が13円“値下げ” 198円から185円に!

日本郵便の「クリックポスト」が、7月20日から185円に。これまでの198円から、13円安くなります。

 日本郵便の「クリックポスト」の運賃が値下げになる

今のご時世、値上げされるものが多いのですが、そんな中でも「値下げ」に踏み切ったものがあります。日本郵便の「クリックポスト」の運賃です。
 

クリックポストの運賃はいくらになるの?

現在(2022年6月末)クリックポストの運賃は、198円です。これが、7月20日から185円になります。値下げの背景には、フリマアプリのユーザーやEC事業者にとってもっと使いやすくするためという目的があります。
 

メルカリなどの利用者にとって最も気になる部分が送料なので、値下げをすることでさらに活用してもらおうという狙いがあるようです。
 

クリックポストとは?

ここで、クリックポストについて簡単におさらいをしておきましょう。利用するには、Yahoo! JAPAN IDとパスワード、もしくはAmazonアカウントのIDとパスワードが必要です。自宅でラベルの印刷をした後で郵便ポストに投函することになり、運賃の支払いはYahoo!ウォレットかAmazon Payを使いインターネット上で行います。
 

サイズは長辺14~34cm、短辺9~25cm、厚さ3cm以内で、重さは1kgまで。これは「ゆうゆうメルカリ便」のゆうパケットとほぼ同じサイズですね。※メルカリ便のゆうパケットの場合は、3辺合計60cm以内という条件があります
 

クリックポストでは匿名配送はできない

クリックポストの運賃が安くなるので、フリマアプリの配送方法として使おうと思う人もいることでしょう。しかし、注意点もあります。それは、匿名配送が使えないということです。
 

例えば、メルカリのゆうゆうメルカリ便であれば匿名配送になりますが、残念ながらクリックポストはゆうゆうメルカリ便の配送方法に含まれていません。取引相手に住所や名前を知らせることになるので、もしそれを避けたいのであれば、これまでと同じようにゆうゆうメルカリ便を使うことになります。
 

送料を重視するならクリックポストでOK

メルカリでは6月16日から、メルカリ便の配送料金を値上げしました。ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットは、230円です。一方、クリックポストの運賃は185円になりますから、45円の違いがあります。もし配送料金をできるだけ安くしたいならば、クリックポストを使うのもアリです。追跡ができますから、ゆうゆうメルカリ便と同じように安心感はあります。
 

値上げが相次ぐ中で運賃が値下げになるクリックポストは、フリマアプリの配送方法として活用される場面も多くなるかもしれません。ポストに投函した翌日か翌々日には送り先に届くのも、魅力と言えそうですよ。


【おすすめ記事】
メルカリ便の送料が値上げへ! 175円で送れるネコポスが210円になるのは心理的にもキツイ!?
10月から「手紙」や「はがき」の土日配達がなくなる! 郵便物を出すタイミングに注意して
購入後に「メルカリ便」から「普通郵便」に変更してと言われた。出品者にデメリットの方が多い!?
メルカリの「規約改定」が「高額転売OK?」と話題に、改定の理由をメルカリに聞いてみた
イオン、7月4日からトップバリュ「マヨネーズ」など3品目値上げへ、約5000品目は価格維持


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」