日本経済団体連合会(経団連)は6月21日、「2022年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)」の第1回集計を発表しました。

対象企業は従業員500人以上、主要21業種の大手253社です。平均妥結額は92万9259円、前年比(21年)は13.81%増という結果でした。※20業種164社(64.8%)の妥結を把握しているが、うち59社は平均額不明などのため集計より除外
 

業種別で最も多かったのは「建設」の127万1661円

製造業平均は93万475円(前年比15.11%増)、非製造業平均は92万2512円(6.99%増)となっています。
 
2022年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)
2022年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)

業種別で見ると、妥結額最多は「建設」の127万1661円(前年比1.14%減)、増減率で最も伸びたのは「鉄鋼」の88.13%増(妥結額101万9071円)でした。妥結額で最も少なかったのは「印刷」の68万9105円(前年比9.57%増)となっています。

妥結額90万円を超えたのは、「建設」「鉄鋼」を含む8業種、増減率10%を超えたのは、6業種でした。増減率マイナスだったのは「建設」の1.14%減と「紙・パルプ」の0.87%減のみで、全体的に上昇傾向にあるようです。


【おすすめ記事】
2022年の「夏ボーナス」平均はいくら? 民間や上場企業の平均、業種別の予想を調べてみた
2022年 公務員の「夏ボーナス」平均予想額は58万4900円、民間の会社員は?
東京都の2022年民間企業「夏ボーナス」 平均妥結額は77万6077円、業種別トップは?
中小企業の夏ボーナス「支給あり」が最多の43.0% 支給額はいくら?
20年前の「夏ボーナス」平均はいくらだった? 平均金額や業種別の傾向をふり返ってみた【2002年】

【関連リンク】
2022年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(日本経済団体連合会)