カルディ「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」は2つの味と食感を1度に楽しめる魅惑のスイーツ

カルディの「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」は、ゼリーとプリンを1度に味わえるお得なスイーツ。実食レポートをお届けします!

カルディコーヒーファームの「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」(画像は全て筆者撮影)

カルディコーヒーファーム(以下、カルディ)の「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」が人気ですが、それに追随する形で「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」が販売されています。ゼリーとプリンを1度に味わえる、とってもお得なスイーツですよ。
 

キューブ状の珈琲ゼリーが入っている

ゼリーとプリンの両方が入っている

「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」は、文字通りゼリーとプリンの2つが入っているスイーツです。キューブ状の珈琲ゼリーがプルプルのミルク珈琲プリンの中に入っているイメージ。ふたをとってみると、まるで珈琲牛乳の中に珈琲ゼリーが浮かんでいるようです。
 
ゼリーとプリンで分けられている


一般的な珈琲ゼリーは、ミルクが入っていないか、入っていたとしても全体に混ざった状態のものが多いですよね。その点、カルディの「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」は、珈琲ゼリーとミルク珈琲プリンを分けているので、ちょっと変わったデザートかもしれません。
 

味と食感が違う

「珈琲ゼリー」は、少しかため、「ミルク珈琲プリン」はプルプルしている


「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」の中に入っている「珈琲ゼリー」は、少しかための食感です。一方「ミルク珈琲プリン」は、プルプルしていてとても柔らかいです。この2つを同時に口の中に入れると、ミルク珈琲プリンはスッとなくなっていきますが、珈琲ゼリーの方は残ります。時間差で食感を楽しめるというわけです。
 

味にも違いがあります。珈琲ゼリーは少し苦味がありますが、ミルク珈琲プリンは苦味の中にも甘さがあります。ミルクを使っているので、マイルドな味わいでした。一緒に食べることで、苦味と甘さのバランスが良くなりますね。
 

「珈琲ゼリーinミルク珈琲プリン」は160g入りで198円で販売されています。「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」同様に人気のデザートになる予感です。気になる人は、早めにゲットしてみてくださいね。


【おすすめ記事】
カルディの「モカキリマンジャロ コーヒーゼリー」はボリュームたっぷりで「ほろ苦感」がたまらない
韓国の大人気グルメが「カルディ」に! ロゼソースが入ったカップ麺「ロゼラーメン」を食べてみた
カルディの「香草チーズパン粉」は常備したい調味料! まぶして焼くだけでプロの味
ゴロゴロ果肉やたっぷりメロンクリーム! ファミマで買えるメロン味グルメ7品を食べ比べ
業務スーパーの保冷バッグは「大容量」「しっかり保冷」「かわいい」の三拍子そろった優れもの

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」