「2022年サンリオキャラクター大賞」シナモロールが3連覇! “3大犬キャラ”の鉄壁TOP3は破られる

6月12日、「2022年サンリオキャラクター大賞」の結果が発表されました。総得票数は歴代最多の2600万票超え! 2021年以上の盛り上がりを見せた中、ついに近年TOP3を守ってきた “3大犬キャラ”の鉄壁破られる番狂わせも! TOP20を発表します。

2022年で37回目を迎えた「サンリオキャラクター大賞」。4月8日~5月23日の投票期間を経て、ついに6月12日、2022年の大賞受賞キャラクターが発表されました。総得票数は2600万票を超え、過去最多を記録しました。
 

「2022年サンリオキャラクター大賞」は「シナモロール」が3連覇!

「2022年サンリオキャラクター大賞」TOP3!


「2022年サンリオキャラクター大賞」で1位を獲得したのは、2022年でデビュー20周年を迎えた「シナモロール」。速報、中間結果、ともに1位の座を守り続け、290万票近くの圧倒的票数を集めて3連覇を達成しました。
 

2位は、2021年に引き続き「ポムポムプリン」。そして、近年TOP3を独占していた、シナモロール、ポムポムプリン、ポチャッコの“3大犬キャラクター”の鉄壁をついに破り、2022年3位にランクインしたのは、2021年5位の「クロミ」。初めてTOP3にランクインしただけでなく、“自称ライバル”である「マイメロディ」をついに破った歴史に残る一戦となりました。
 

「ハンギョドン」の“V字回復”! 34年ぶりのTOP10入り!


注目は、ポチャッコ、タキシードサム、けろけろけろっぴ、バッドばつ丸、ハンギョドン、あひるのペックル、の男の子6キャラクターで結成されたユニット、「はぴだんぶい」の躍進です。2021年に引き続き、6キャラクターすべてがTOP20入りを果たし、人気の高さを証明しました。
 

特に8位にランクインした「ハンギョドン」は、1988年以来、34年ぶりのTOP10入り。1970〜1990年代の昭和〜平成間にデビューし、当時は人気を博した彼らの“V字回復”には、幅広い世代が勇気をもらえそうですね。
 

「パートナー部門」1位は、「しゅわっちぃ」×サンリオキャラクターズ!

「2022年サンリオキャラクター大賞」パートナー部門


企業や地方自治体などのキャラクターとサンリオキャラクターがパートナーを組んだ26組がエントリーした、「パートナー部門」では、大人気YouTuberグループ「青春☆しゅわしゅわクラブ」の公式キャラクター「しゅわっちぃ」×サンリオキャラクターズが第1位を獲得しました。
 


>次ページ:「2022年サンリオキャラクター大賞」20位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
サンリオ人気キャラの“超BIG”ぬいぐるみが登場! 全長約2メートルの「ポムポムプリン」や「シナモロール」も
速報1位はどのキャラ? 「ハンギョドン」大躍進の『2022年サンリオキャラクター大賞』速報発表!
「2021年サンリオキャラクター大賞」発表! 3位は「ポチャッコ」、1位を獲得したのはどっち?
「2022年サンリオキャラクター大賞」4月8日投票開始! シナモロールが3連覇を狙う!? 過去実績から考察!


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も