ダイソーのレトロかわいいBluetoothスピーカーを使ってみた。BGMを流すには最適!

ダイソーが発売しているレトロかわいいBluetoothスピーカー「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」。実際どこまで使えるのでしょうか? 早速レビューしていきます。

ダイソーの「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」(画像は全て筆者撮影)​​​​​​


ダイソーでレトロかわいいBluetoothスピーカー「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」を発見しました。昭和レトロなラジオを思わせる形をしていて、インテリアにもなる優れもの。もちろんスピーカーとしての実力も発揮してくれるので、音楽を聴いたり動画を見たりするときでも活躍ますよ。早速使い勝手をレビューしていきます。
 

ダイソーの「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」の使い方

充電中は、ランプが赤く点灯する


まずは使い方から見ていきます。付属のUSB充電コードで充電をします。充電中は、ランプが赤く点灯します。アダプターは付属されていないので、持っているものを使うことになりますね。フル充電には約3時間かかります。
 

電源を入れると「ブルートゥースモード」という音がするので、接続するデバイスとつなげます。Bluetooth5.0に対応していますよ。スマホなどのBluetoothモードをオンにして「SR1323」と接続させればOKです。
 

操作ボタンの説明

ダイソーの「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」の4つのボタン

ダイソーの「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」には、4つのボタンがあります。左から「電源」「前の曲に戻す」「再生・停止」「次の曲へ」。ボタンのまた下にあるのは、左が充電ポート、右がSDカードスロットです。
 

ダイヤルは音量の調整です。なおこれらの操作は、スマホなど接続した機器からもできます。
 

棚などにちょこんと置けるサイズ

iPhone 8とサイズを比較

サイズは、筆者が持っているiPhone 8(高さ138.4ミリ)よりも若干小さめです。
 
棚やワゴンなどにおいておけるサイズ

ちょこんと置いておけるサイズ感ではないでしょうか。
 

気になる音質は?

デスクから離して音楽を聴いてみた


ダイソーの「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」と自分との距離を1mほど保って音楽を聴いて見たところ、雑音が入ることもないですし、途中で途切れてしまうこともありません。ボーカルの声、パーカッションの音もしっかり聞こえてきます。
 

ただスピーカーなので、イヤホンのような臨場感はありません。BGMのように音楽を楽しむことを目的にすると良いかもしれませんね。
 

ダイソーの「ブルートゥーススピーカー(レトロタイプ)」は、1個770円。ダイソーの商品としては少し値段が高いと感じてしまうのが正直なところ。でもBluetooth対応のスピーカーと考えれば格安ではないでしょうか。筆者はピンクを買いましたが、他にブルーとホワイトもありました。お好きな色でお気に入りの音楽を聴いてみてください。


【おすすめ記事】
ダイソーの「昭和風ミニ扇風機」が昭和レトロでかわいい! モバイルバッテリーと組み合わせて使って!
食パンは賞味期限が短い! ダイソーの「食パンケース」なら冷凍でおいしく保存できる
広島のご当地調味料「レモスコ」がダイソーに! 小袋サイズでお弁当や初めての人にもおすすめ
ダイソー「蓋付きロールゴミ袋用ゴミ箱」は超優秀! 面倒くさがりやさんにおすすめしたい便利グッズ
洗面台がピカピカ! 和気産業の「洗面コーティング剤」を使ったら汚れが付きにくくなった

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは