大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<埼玉県版>」を発表しました。
 

埼玉県に住む20歳以上の男女3万5595人を対象に調査を行った結果、「住みここち(駅)ランキング」1位は2年連続で「浦和駅」。2位は「さいたま新都心駅」、3位は「本川越エリア※」が選ばれました。※本川越エリア:川越市駅、本川越駅
 

このランキングは、2019~2022年の回答を累積して集計。駅徒歩15分以内に居住している回答者が30人以上の駅を対象としています。
 

「さいたま新都心駅」と隣接する高層ビル群

 

3位は都会と田舎のバランスが調度良い「本川越エリア」

小江戸と呼ばれる蔵造りの街並みが有名な、本川越エリア。川越市駅から東武東上線を利用すれば、池袋駅まで約40分でアクセスできます。同エリアには、川越駅から続くクレアモール商店街があり、商業施設が充実。一方で、一歩道に入れば閑静な住宅街が広がります。活気と落ち着きのバランスの良さが、居住満足度に繋がっているようです。
 
※本川越エリア:川越市駅、本川越駅
 

2位は都市機能が集まる「さいたま新都心駅」

「さいたま新都心駅」は、大宮駅まで電車で約5分、新宿駅までは約40分でアクセスできます。駅の東口前には大型商業施設「コクーンシティ」があり買い物に便利。また、ビジネス街となっている西口方面には高層ビルが建ち並ぶほか、「さいたまスーパーアリーナ」や「けやきひろば」もあります。
 

1位は都内へのアクセス環境が良い「浦和駅」

JR線が5路線乗り入れている「浦和駅」。都内主要駅への交通アクセスが良好な駅です。駅前には「浦和PARCO」や「浦和コルソ」などの大型商業施設が充実。飲食店も多く、ショッピングや外食にも便利です。周辺の浦和地区は、文教都市としても有名。多くの教育機関や文化施設があります。


>20位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
埼玉県の住みここち(自治体)ランキング! 2位「さいたま市中央区」、1位は?
【国勢調査2020】埼玉県で人口が減ったのは? 3位「ときがわ町」、2位「小川町」、1位は…
千葉県の「住みここち(駅)」ランキング! 3位「流山おおたかの森駅」、2位「海浜幕張駅」、1位は?
東京都の「住みここち(駅)」ランキング! 2位「表参道駅」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース