「上野樹里」出演の好きな映画ランキング! 3位『陽だまりの彼女』、2位『スウィングガールズ』、1位は?

All About編集部は5月11~16日、全国301人を対象に「上野樹里さん出演で好きな映画」に関するアンケートを実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。

主演ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』が放送中の女優・上野樹里さん。多彩な役をこなす高い演技力で、止まることなく映画やドラマに出演する実力派です。
 

All About編集部は5月11~16日、全国301人を対象に「上野樹里さん出演で好きな映画」に関するアンケートを実施。その結果を、ランキング形式で紹介します。
 

3位:『陽だまりの彼女』(2013年)

『陽だまりの彼女』(画像出典:Amazon


3位には、越谷オサムさんの同名ベストセラー小説を原作にした映画『陽だまりの彼女』がランクイン。10年ぶりに再会した奥田浩介(松本潤)と渡来真緒(上野樹里)は恋に落ちますが、真緒は誰にも知られてはいけない「不思議な秘密」を抱えていた……というファンタジック・ラブストーリーです。
 
回答理由では、「上野樹里さんにつかみどころのない不思議な役が合っており、映画の内容も面白かったため」「心温まる演技が印象的でした」「松本潤さんとのやり取りがピッタリだったから」などの声が聞かれました。
 

2位:『スウィングガールズ』(2004年)

『スウィングガールズ』(画像出典:Amazon


2位に選ばれたのは、上野樹里さんが主演を務めた映画『スウィングガールズ』。とある田舎町で暮らす女子高生たちが、ひょんなきっかけからビッグバンドを結成。ジャズの魅力に引き込まれた彼女たちの奮闘、成長を描いた青春群像コメディです。上野樹里さんは、主役・鈴木友子役を熱演。実際にキャストが演奏しているシーンにも注目です。
 

「ちょうどその頃私も楽器をやっていたので、演技だけではなく演奏も上手だなぁと思って見ていました」「さわやかな雰囲気、目標があって熱量たっぷりに演じている姿が魅力的です」などの意見が寄せられました。
 

1位:『のだめカンタービレ 最終楽章』(2009~2010年)

『のだめカンタービレ 最終楽章』(画像出典:Amazon


1位に選ばれたのは、テレビドラマ版の続編を描いた映画『のだめカンタービレ 最終楽章』でした! 原作は、二ノ宮知子さんの人気同名漫画です。そのユニークな個性が「変態」ともいわれるピアニスト・のだめ(上野樹里)と、若き「オレ様」指揮者・千秋(玉木宏)。本作では、そんな2人の音楽的な成長と恋の行方を中心に、物語のクライマックスが描かれています。
 

回答者からは「アニメ、ドラマ、映画、全て期待以上だったから」「キャラクターになりきっていて楽しめたからです」「ぶっとんだ『のだめ』が大好きで、かわいいから」などの声が聞かれました。
 


>8位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
「上野樹里」出演の好きなドラマランキング! 3位『ラスト・フレンズ』、2位『監察医 朝顔』、1位は?
「上野樹里」に共演してほしい芸能人3選! 玉木宏、長澤まさみ、あの人も?
「上野樹里」がはまり役だったと思うドラマランキング! 3位『ラスト・フレンズ』、2位『監察医 朝顔』、1位は?
『じぞ恋』第1話 父娘ダブル婚活スタートに「ラブキュンだけじゃない」「1話から泣いた…」と感動の声
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応