LINEリサーチは、3月11〜14日の期間で日本全国の高校1〜3年生の男女1008人を対象に「流行しそうだと思う言葉やその理由、今年は使わなさそうだと思う昨年の流行語」など、流行語事情についてアンケートを行いました。高校生が2022年に流行しそうだと思う言葉ランキングをご紹介します。
 

同率2位:「きまZ/きまずい」3.2%

第2位は「きまZ/きまずい」、「きまZ」の読み方は「きまぜっと」です。「きまZ」は、人気YouTuberグループ「ウチら3姉妹」のメンバー、とうあさんが動画の中で発言したことから広がったと言われています。2021年の流行りそうな流行語ランキングで2位に選ばれた「おはようでやんす」も、とうあさんがきっかけで広まった流行語です。

男女別に見ると、女子高校生ランキングで1位、男子高校生ランキングで5位にランクイン。「きまZ/きまずい」は、特に女子高校生に人気なことが分かりました。

一方、「今年は使わなそうだと思う昨年の流行語」にも女子高校生ランキングで13位、男子高校生ランキングで4位に入っており、2022年内の流行り具合が気になるところです。
 

同率2位:「それな/それなー」3.2%

同率2位は「それな/それなー」でした。「それな/それなー」は、男子高校生ランキングで1位にランクインしており、特に男子高校生がよく使う流行語のようです。

「それな/それなー」は、相手の言葉に同意するときに使う言葉で、肯定的なあいづちのような意味があります。またポジティブな内容だけでなく、ネガティブな話への反応に使われることもあります。

「それな」と「それなー」は同じ意味ですが、早く返事をしたいときや強い同意を示す時には「それな」、リラックスした会話では「それなー」を選ぶなど、使い分ける人もいるようです。
 

 第1位:「草」3.6%

第1位は「草」でした。男女別のランキングでは、女子高校生、男子高校生ともに2位に入っています。「草」は、インターネット上やSNSでは以前から使われてきた言葉で、「笑っている」「笑える状況」を表します。

「草」はもともと「(笑)」が「warai」となり、さらに省略されて「w」と表現されるようになったものです。応用で大爆笑が「wwwwwww」などと表されるようになりました。「w」の連続が視覚的に草原に見えることから、「草」という流行語が生まれたという背景があります。大爆笑は「大草原」と言うようです。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
大人が使っていたら「イタイ」と感じる流行語! 「ちゅきちゅき」「はにゃ?」を抑えた1位は?
高校生が「今一番好きな女優」ランキング! 「今田美桜」「浜辺美波」を抑えた1位は?
高校生が「今一番好きな男優」ランキング! 「新田真剣佑」を抑えた1位は?
「爆買い」「忖度」「倍返し」…どれくらい使ってる?平成30年間の流行語大賞、まだ使われている流行語ランキング

【関連リンク】
LINEリサーチ