メルカリで知らないユーザーの「タメ口」にモヤっとする。フレンドリーな雰囲気は必要ない!?

All About編集部が2022年2月、全国500人を対象に実施した「メルカリに関するアンケート調査」によると、購入者/出品者ともにモヤッとした経験があるようです。今回は「ユーザーのタメ口」問題について考えていきます。

メルカリで知らない人の「タメ口」にモヤッとしたこと、ありませんか?(画像はイメージ)


All About編集部が2022年2月、全国500人を対象に実施した「メルカリに関するアンケート調査」によると、購入者/出品者ともにイラッと、モヤッとした経験があるようです。
 

今回はその中から、「ユーザーのタメ口」について、ネットオークション暦18年、フリマアプリ歴8年以上の専門家で「All About」メルカリの使い方ガイドの川崎さちえが解説します。
 

メルカリユーザーはお互いに知らない人。「友達じゃないんだから」と思ってしまう

メルカリのユーザーは全国にいるので、基本的に他のユーザは知らない人と思ってよいでしょう。そんな知らない人からいきなりタメ口でコメントがあったら、驚くというよりも、「は?」と不快な気持ちになるかもしれません。知らない人なのにやけに馴れ馴れしいと思ってしまうからです。
 

一般的に、知らない人に対してタメ口を使うことはほぼありませんよね。タメ口は親しい人だからこそ使えるもの。日常生活の会話とメルカリでのメッセージは同じと考えると、「友達じゃないんだから」と違和感を持つ場面に遭遇することもあります。
 

なぜタメ口を使うのか?

メルカリで知らない相手にタメ口を使う理由は、大きく2つ考えられます。
 

■フレンドリーな雰囲気を出したい
なぜタメ口を使うのかというと、フレンドリーな雰囲気を出したいことも理由の1つでしょう。かしこまった口調よりも親しみがあるようなタメ口の方が、相手との距離が縮むのではないかと考えているのだと思います。またタメ口の方がなんとなく軽いノリなので、値下げ交渉もうまくのでは? と思っている可能性もあります。
 

■自分のほうがメルカリ経験が豊富と思っている
相手の評価を見た時に自分よりも評価が低いと、自分のほうが上と思ってしまうことも考えられます。評価が高ければ、そも分経験も多くなるのは事実です。そのため一種のマウント、あるいは「上から目線」のような感じになってしまうのかもしれません。
 

「タメ口」ユーザーに対しても「ですます調」での返事がおすすめ

コメントを受けるのは、自分が出品者の立場になっている時です。もしタメ口でコメントがあっても、それに対しては「ですます調」で返事をするのがおすすめです。コメントは他のユーザーからも見えるので、出品者の人柄が分かるからです。
 

タメ口にタメ口で返してしまうと、あまり良い印象をもたれない可能性が高いと思います。多くのメルカリユーザーは、タメ口を使わずに「ですます調」を使っていますから、そのようなユーザーからすると、タメ口はマナー違反ととられることもあります。
 

相手が不快に感じることもある。適切な言葉遣いがマナー

メルカリのコメントに対してタメ口を使うのはNGというルールはないのですが、少なくとも不快な思いをしてしまう人がいるということは、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。メルカリのコメントはLINEやSNSのメッセージとは違います。友達に送る文章とは異なることを考えて、適切な言葉遣いをするのがマナーといえそうです。



【おすすめ記事】
メルカリで買った商品の梱包が雑すぎてガッカリ……どのレベルまでなら許される?
メルカリで「専用」にしたら他のユーザーが横取り。出品者はどう対応するのが正解?
メルカリで「購入希望だから値下げして」と言ったのに「検討します」というユーザー。どう返事する?
メルカリでやってはいけないNG梱包例! 購入者が「え?」となるダメなやり方とは
メルカリで「値下げ交渉」をするときに書いてはいけないNGワード


 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴