1年ぶりに「無印良品週間」が帰ってきた! 無印大好き主婦がおすすめする商品はこの3つ

5月9日まで「無印良品週間」が開催中です。無印良品の商品を普段から愛用している主婦がおすすめする「ぜひ買って試して欲しい」と思う商品を3つ紹介します!

約1年ぶりに「無印良品週間」が帰ってきた!


4月22日~5月9日に開催中の「無印良品週間」。無印良品メンバーを対象に、書籍を除く全品が10%オフになるとてもお得なセールです。約1年ぶりの開催に、何を買おうかワクワクしながらも悩んでいる人も少なくないでしょう。
 

無印良品の商品を普段から愛用している主婦がおすすめする「ぜひ試して欲しい」と思う商品を3つ紹介していきます。
 

おすすめのアイテム1:アカシア ボール

アカシア ボール


天然のアカシアを使ったボールです。表面はラッカー塗装がされているので、水が染み込んでしまうこともありません。筆者が購入したのは、約直径24×高さ9cmの比較的大きなサイズのもの。
 

かさが増えるサラダでも盛り付けやすい


深さがあるので、レタスなどボリュームがでがちなサラダを盛り付ける時に重宝しています。また、ガラスや陶器とは違って、落としても割れないのも魅力の1つ。価格は、1990円(税込、以下同)です。
 

無印良品には、アカシアを使った商品がいろいろあります。ボールも直径30cmほどの大きなものもありますし、お碗として使える直径13cmほどのものもあります。また深皿やトレーもあるので、どんな場面で使うのか、何を盛り付けるのかを考えて取り入れていくと良さそうですね。
 

おすすめアイテム2:液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器

「液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器」。左には酢の物が入っている


ホーロー保存容器は、ニオイ移りが少ないことが大きな特徴です。無印良品の「液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器」も同じですね。

 
作り置きのおかずを入れるのにもおすすめ


ニオイが容器に付きにくいので、例えばキムチやカレー、酢の物などを入れるのもおすすめ。バルブ付きの蓋があるので、密封することも可能です。冷蔵庫の中で保管していても、液漏れやニオイ漏れはありません。
 

筆者が使っているのは「深型・中」(1290円)と「中」(890円)です。「深型・中」は高さが7.5cmほどあり、「中」は高さは5cmほどです。幅や奥行きは同じなので、重ねた時もぐらついたりはしません。もし2つ買うならば、幅と奥行きが同じサイズのものを買っておくと、冷蔵庫に重ねる時も便利です。
 

ふたやパッキンが劣化した場合は、ふただけでの販売もあります。ホーロー保存容器まで買い換える必要がないので節約にもなりますね。
 

おすすめアイテム3:耐熱ガラスピッチャー

「耐熱ガラスピッチャー」


これからの季節は、自宅で水出しのお茶を作ることもあるでしょう。その時に使えるのが耐熱ガラスピッチャーです。
 

耐熱ガラスなので、冷たい飲み物だけではなく熱湯を使ってもびくともしません。
 

熱いお茶でも使える


筆者は年間を通して熱いお茶を飲むので、耐熱ガラスピッチャーをフル活用しています。耐熱ガラスピッチャーにはふたが付いているのですが、筆者は使っていません。ティーパックのお茶ならば茶葉が出てくることもないですし、むしろ洗い物が1つ減るのでちょっとうれしいです。
 

洗い物に関してですが、取っ手が付いていませんし、手をピッチャーの奥まで入れることができるので、全体をきれいに洗えます。無印良品の耐熱ガラスピッチャーを使うことのメリットの1つは、この洗いやすさだと筆者は考えています。
 

ラインナップは1Lサイズで590円と、0.7Lで490円の2つがあります。
 

無印週間で買って欲しい!おすすめ3アイテム(画像は全て筆者撮影)

書籍を除く全商品が10%オフになる「無印良品週間」は、5月9日まで(ネットストアは5月10日の10時まで)。買うかどうか迷っていたものを買うチャンスといえそうですね。10%オフで買うには、メンバー登録をしていることが条件になります。登録は無料です。もし登録をしていないならば、まずは登録からですね。


【おすすめ記事】
無印良品が10%OFFセール「無印良品週間」を開催! 店舗とネットストアで4月22日から
無印良品の新しい「ナン」はすぐに食べられておいしい! おすすめアレンジレシピ3選
「IKEA(イケア)」のエコバッグはあの"青い袋”だけじゃない! コスパ最強のおすすめ7選
カルディの新デザイン「水出しドリンクボトル」はお値段以上に満足度が高い!
無印良品から「不揃い 甘夏バウム」など夏季限定のスイーツ登場!

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」